クレジットカード

クレジットカードの申し込み時に本人確認書類が2種類必要に

2020年4月1日(水)に「犯罪による収益の移転防止に関する法律」改正に伴い、クレジットカードの申込時に必要な本人確認書類が変更となる。

従来は運転免許証のコピー1枚の提出で良かったが、運転免許証のコピー+健康保険証などの2種類の本人確認書類が必要だ。

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民票の写し

また、クレジットカード配送時に利用できる本人確認書類も変更となり、顔写真付きのものに限定される。

■日本郵便の本人限定郵便の場合

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカードなど

■佐川急便の受取人確認サポートの場合

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

クレジットカード会社によっては3月から変更する場合もあるが、多くは4月1日(水)以降に申し込んだ場合に適用される。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース