You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 消費税が上がるとクレジットカードの年会費もアップする?! 一部年会費税込のカードも存在

消費税が上がるとクレジットカードの年会費もアップする?! 一部年会費税込のカードも存在

消費税が上がるとクレジットカードの年会費もアップする?! 一部年会費税込のカードも存在

いよいよ2019年10月1日(火)より消費税が8%から10%にアップする。このタイミングでキャッシュレス決済が話題となっているが、キャッシュレス決済の中には年会費がかかる物もある。

基本的にPayPayや楽天ペイ(アプリ決済)などのコード決済については年会費は必要ない。クレジットカードでも楽天カードやP-oneカード<Standard>など、年会費が無料の物も多い。しかし、ゴールドカードやプラチナカードだけでなく、一般カードでも年会費が必要なカードも多くなっている。

クレジットカードの年会費の表記を見ると、大部分が税抜または税別価格となっている事がわかるだろう。

中には、楽天ゴールドカードのように2,160円(税込)となっている場合もあるが、1.08で割ってみると2,000円(税抜)という事がわかるはずだ。

JALカードの普通カードの場合2,000円(税抜)は消費税が8%の時に2,160円(税込)だが、10%になると2,200円(税込)だ。プラチナの場合は31,000円(税抜)の年会費で、消費税8%の時には33,480円(税抜)だが、10%になると34,100円(税込)となる。

年会費が高いカードになればなるほど消費税2%増税が響いてくる。

しかし、中には8%を上乗せせずに税込価格になっているクレジットカードも存在する。Orico Card THE PLATINUMやエポスプラチナカードの年会費は20,000円(税込)だ。

本当に、20,000円(税込)なのかを確認してみよう。Orico Card THE PLATINUMの年会費請求時の明細を確認すると以下のように20,000円が明細に表示されている。

同じ、年会費20,000円のMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、21,600円として内消費税1,600円との表記がある。

同じ20,000円の年会費のクレジットカードだとしても、20,000円(税抜)と20,000円(税込)では、消費税10%の時には2,000円も変わってくる。

筆者は現在130万円以上の年会費を支払っているため、8%から10%に上がると3万円弱の年会費がアップすることになる。

なんとなくゴールドカードを持っている、プラチナカードを持っていると言う場合は、特典を利用しているのか、年会費以上のメリットがあるかをよく考えて、消費税が上がる前に断捨離するのも良いだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 971

© 2013 ポイ探

Scroll to top