You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » どのコード決済がおすすめ? 最初に始めるなら「楽天ペイ」か「d払い」 その理由とは?

どのコード決済がおすすめ? 最初に始めるなら「楽天ペイ」か「d払い」 その理由とは?

どのコード決済がおすすめ? 最初に始めるなら「楽天ペイ」か「d払い」 その理由とは?

取材を受けるときに「おすすめのコード決済はありますか?」と聞かれることが多い。筆者のおすすめは、最初に始めるのであれば「楽天ペイ(アプリ決済)」か「d払い」だ。

決済手段は「クレジット」「デビット」「プリペイド」しかない

まず、決済手段に関しては後払い式の「クレジット」、即時払いの「デビット」、事前チャージ式の「プリペイド」しかなく、インターフェースが変わっただけで、全てこれらの組み合わせで成り立っている。

例えば、LINE Payはプリペイド(今後発行される「Visa LINE Payカード」でクレジットタイプにも対応)、楽天ペイは基本的にはクレジット、ゆうちょPayはデビットと言った具合だ。PayPayはプリペイドとクレジットのハイブリッドタイプ、Origami Payはデビットとクレジットのハイブリッドタイプとなる。

「クレジットタイプ」+「ポイント還元」=「始めやすい」+「やめやすい」

全てのサービスを使う上で重要なのは「始めやすく、やめやすい」と言う事にある。多くのサービスは「始めやすく、やめにくい」作りになっているはずだ。しかし、とりあえず始めてみよう、と思っても、やめにくい仕組みであればやめられない。

従って、「始めやすく、やめやすい」サービスを提供している所から始めるのが良いだろう。始めやすくやめやすいのが「クレジットタイプ」+「ポイント還元」のサービスを提供しているコード決済サービスだ。

デビットタイプの場合は、銀行口座を紐付ける必要がある。紐付け方もオンラインバンキングのアカウントが必要だったり、通帳記帳の最終行が必要だったりするため、登録するのが大変だ。

プリペイドタイプの場合は、同じく銀行口座を登録したり、コンビニなどでチャージしなければならない。また、プリペイドの場合は事前チャージした残高をきれいに使い切ることが難しい。始めるとやめにくいのがプリペイドタイプとなる。

たくさんあるコード決済サービスをプリペイド、デビット、クレジットで分類した場合、プリペイドタイプが多い事がわかるだろう。これは、やめにくいという特性を考えてのことだろう。プリペイドの中にも、クレジットカードでチャージするタイプ、銀行口座からの振替タイプ、コンビニでのチャージタイプなどもあるが、チャージした金額を使うと言う事は同じため、チャージ金額を使い切るのは難しい。

なお、最近カフェやスーパーマーケットでもハウス電子マネー型のカードが増えているが、これもやはり「やめにくい」+「運営側がチャージ残高で予想を立てやすい」事を考えてのことだろう。やめにくさがあるからチャージ時にボーナスポイントやボーナス残高を大きく還元すると言う仕組みとなる。

話をコード決済に戻そう。クレジットタイプの場合は、基本的にクレジットカードを登録する事ですぐに始めることが可能だ。もちろん、3Dセキュアのパスワードが必要でわからないと言う事もあるだろうが、デビットタイプやプリペイドタイプよりは始めやすい。

続いて、還元方法について考える。PayPayやLINE Payは決済金額に対して残高での還元となる。これは、結局プリペイドタイプと同じ事となり、使い切ることが難しい。なお、LINE Payの場合は、還元される「LINE Payボーナス」をJCBプリペイドカードのLINE Payカードで利用すると言う使い方ができそうだが、「LINE Payボーナス」はLINE PayカードやQUICPayなどで利用する事ができない。従って、なかなかやめられない仕組みとなる。

一方、楽天ペイ(アプリ決済)やd払いの場合は、ポイント還元タイプとなるため、使わなくなった後でも楽天スーパーポイントやdポイントはポイントカードとして使う事もできる。

ポイント還元タイプ 残高還元タイプ
クレジットタイプ 始めやすく、やめやすい 始めやすく、やめにくい
デビットタイプ 始めにくく、やめやすい 始めにくく、やめにくい
プリペイドタイプ 始めにくく、やめにくい 始めにくく、やめにくい

とりあえずコード決済を使ってみたいと言う場合は、楽天ペイ(アプリ決済)またはd払いを使ってみて、コード決済は自分に合わないと思ったらすぐにやめれば良い。

もちろん、従来からメルカリやau WALLETプリペイドカードを使っていると言う場合は、メルペイを始めて残高として使う、au WALLET残高をau PAYで使うと言うのも問題ない。やめなくても良いサービスを使っている場合はそれを使い始めるのも良いのだが、新たに始めようと思った場合は「始めやすく、やめやすい」と言う点で考えるのがおすすめだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 964

© 2013 ポイ探

Scroll to top