QRコード・バーコード

PayPay、不正利用の被害を補償する制度を導入 原則PayPayが全額補償

PayPayは、2019年8月28日(水)より、PayPayでの決済において不正利用時の補償制度を利用規約などに明記し、運用を開始した。

従来は、クレジットカードによる支払い時には、クレジットカードの補償を利用できたが、銀行口座などの場合は利用規約には明記されておらず、個別対応を行ってきた。

新たな規約では、PayPayの利用に際して不正利用の被害に遭った場合、原則PayPayが被害の全額を補償する。また、PayPayを利用していない場合でも、不正利用などによってPayPayを利用した被害に遭った場合も、原則PayPayが被害額の全額を補償する。

また、PayPayを導入している加盟店も、悪意のある者による不正取引が行われた場合、原則加盟店に取引金額の全額を入金する。

いずれも、利用者側や店舗側に重大な過失などがあった場合は適用対象外だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-QRコード・バーコード
-,

© 2024 ポイ探ニュース