You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » リクルートカード プラスやリクルートカードもApple Payの登録が可能に! 20%還元のキャンペーンも対象!

リクルートカード プラスやリクルートカードもApple Payの登録が可能に! 20%還元のキャンペーンも対象!

リクルートカード プラスやリクルートカードもApple Payの登録が可能に! 20%還元のキャンペーンも対象!

2019年8月16日(金)~12月15日(日)までの間、JCBが発行するクレジットカードなどをApple PayやGoogle Payに登録してQUICPay加盟店やQUICPay+加盟店で決済すると20%キャッシュバックのキャンペーンが開始した。

20%のキャッシュバックは2020年3月支払い分のカード利用明細で調整される。なお、支払いが発生しない場合は、設定口座への振り込みとなるため、確実に20%還元を受けられる。

筆者もJCB発行のクレジットカードなどをたくさん持っているため、早速MyJCBでエントリーを行う。JCBザ・クラスなどをエントリーしていき、リクルートカード プラスもエントリーを行った。

ここで気になったことがある。リクルートカード プラスはApple Payの対象外だったはずだ。エントリーできるという事はApple Payに登録できるようになったのではないだろうか。

早速、Apple Payにリクルートカード プラスを登録してみたところ、無事に登録することができた。エントリーしたリクルートカード プラスでQUICPayやQUICPay+加盟店で利用すると20%キャッシュバックに加え、2%のリクルートポイントを獲得でき、合計22%還元となる。

また、2019年10月からは、中小企業でQUICPayを利用すると5%還元(フランチャイズは2%還元)も実施されるため、合計27%還元ととてつもない還元率にナル。

既にリクルートカード プラスの新規発行は終了しているが、既存保有者はリクルートカード プラスをApple Payに登録してエントリーしておこう。コード決済と異なり、QUICPayはかざすだけで支払いが完了する。コンビニなどでの使い勝手は非常に良い。実際にリクルートカード プラスをコンビニでApple Payとして使ってみたが、正常に支払う事ができた。

リクルートカード プラスを保有していない場合は、年会費無料のリクルートカードまたはOki Dokiポイントが2倍のJCB CARD Wを使うのが良いだろう。新たに申し込んでも消費増税の10月にも間に合うはずだ。

家族カードなども対象となるため、保有しているJCB発行のクレジットカードなどは、とりあえず全てエントリーしておくのがおすすめだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 970

© 2013 ポイ探

Scroll to top