You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 提携によって「招待日和」の対象レストランが異なることが判明! やはりオリジナルが最強!

提携によって「招待日和」の対象レストランが異なることが判明! やはりオリジナルが最強!

提携によって「招待日和」の対象レストランが異なることが判明! やはりオリジナルが最強!

招待日和は、対象レストランで2名のコース料理を注文すると1名分が無料となるサービスだ。通常は以下の条件で利用することが可能となる。

  • 医師のみ
  • 当社が承認し、入会を希望された個人及び法人、団体

入会金は無料だが、年会費が個人の場合は30,000円(税抜)、法人・団体の場合は1法人につき36,000円(税抜)必要だ。年会費ではなく月会費で支払う事もできる。

個人会員 法人会員
年会費 30,000円/名 36,000円/法人
月会費 2,500円/名 3,000円/法人

この、招待日和をプラチナカード会員であれば無料で利用できる特典があり、特典も全く同じだと勘違いしていた。特にMastercardの招待日和と、それ以外の招待日和で利用条件が異なると紹介したことがある。

色々調べていたところ、利用条件だけでなく、対象レストランも異なっていることを確認できた。

今回調べたのは「招待日和」、Mastercard特典の「Taste of Premium ダイニング by 招待日和」、プラチナ・カードの「2 for 1ダイニングby招待日和」、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの「プラチナ・グルメセレクション」、エムアイカード プラス プラチナの「招待日和 by エムアイカード プラチナ」だ。

それぞれのサイトにアクセスし、「銀座・東京・日本橋周辺」のレストランを検索した。

オリジナルの「招待日和」では54件ヒットしたが、Mastercardの「Taste of Premium ダイニング by 招待日和」では35件、プラチナ・カードの「2 for 1ダイニングby招待日和」では33件、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの「プラチナ・グルメセレクション」では29件、エムアイカード プラス プラチナの「招待日和 by エムアイカード プラチナ」は32件となる。招待日和 by エムアイカード プラチナの場合は、webが用意されていないので、冊子でチェックした。

銀座・東京・日本橋周辺エリアの対象レストラン数
招待日和 54件
Taste of Premium ダイニング by 招待日和 35件
2 for 1ダイニングby招待日和 33件
プラチナ・グルメセレクション 29件
招待日和 by エムアイカード プラチナ 32件

例えば、「ジャッジョーロ銀座 」はどの招待日和でも利用できるが、「JWC 2nd Avenue GINZA」はTaste of Premium ダイニング by 招待日和では利用できない。また、通常の招待日和しか対応していないレストランもあり、「割烹 松村 」はクレジットカード特典の招待日和では対象外となる。

オリジナルの招待日和が対象外で、他の招待日和のみ利用できる店舗はなく、やはり年会費を支払っているオリジナルの招待日和が利用できる店舗が一番多い。

対象レストランも頻繁に追加・終了があるため、どのクレジットカードの招待日和が良いと言う事はない。ただし、レストランを利用できるカードと利用できないカードがあるのは覚えておいた方が良いだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 970

© 2013 ポイ探

Scroll to top