You Are Here: Home » 電子マネー » JR東日本、地域連携ICカードを利用したIC乗車券サービスを宇都宮エリアで開始

JR東日本、地域連携ICカードを利用したIC乗車券サービスを宇都宮エリアで開始

JR東日本、地域連携ICカードを利用したIC乗車券サービスを宇都宮エリアで開始

JR東日本と宇都宮ICカード導入検討協議会は、2019年7月31日(水)に、「地域連携ICカード」を利用したIC乗車券サービスの提供について合意したと発表した。

地域連携ICカードは、バスの定期券や各種割引・独自ポイントサービスなどの地域独自サービスとSuicaエリアで利用可能な乗車券や電子マネーなどのSuicaサービスが1枚で利用する事ができる。

関東自動車、ジェイアールバス関東では2021年春、宇都宮ライトレール全線では2022年春の導入を予定している。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 6846

© 2013 ポイ探

Scroll to top