You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」でPayPayのチャージ可能に! Yahoo! JAPANカード以外でもPayPayランチなどが最大20%戻ってくる!

「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」でPayPayのチャージ可能に! Yahoo! JAPANカード以外でもPayPayランチなどが最大20%戻ってくる!

「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」でPayPayのチャージ可能に! Yahoo! JAPANカード以外でもPayPayランチなどが最大20%戻ってくる!

PayPayとソフトバンク、SBペイメントサービスは、2019年7月31日(水)より、「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」を連携させ、PayPayへのチャージ分をソフトバンクおよびワイモバイルのスマホ利用料金とまとめて支払う事ができるサービスを開始した。

ソフトバンクおよびワイモバイルのスマホを利用している方は、銀行口座やクレジットカードを登録せずにPayPayを利用する事ができる。また、利用可能額の変更やサービスの利用を制限することができ、子どもがPayPayアプリを利用する場合でも、保護者が機能設定することも可能だ。

対象年齢により、チャージなどで利用できる金額などは異なり、1ヵ月当たり最大10万円までチャージできる。なお、契約期間によって、利用可能額は異なる。

使用者年齢 利用可能額
満12歳未満 最大2,000円/月
満20歳未満 最大20,000円/月
満20歳以上 最大100,000円/月

「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」を利用するには、PayPayアプリの「アカウント」から「外部サービス連携」を選択し、「ソフトバンク・ワイモバイル」の「連携する」ボタンをタップすることで連携できる。連携後は、都度チャージやオートチャージ時に「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」を選択することが可能だ。

ソフトバンクやワイモバイル利用者は、電話料金をクレジットカード払いしていると、クレジットカードのポイントを貯めることが可能だ。PayPayチャージ分も電話料金と合算して引き落とされるため、Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードを引き落としカードとして設定していても、そのクレジットカードのポイントを貯められる。

PayPay残高へのチャージとなるため、ワクワクペイペイでは20%のPayPayボーナスを獲得することが可能となる。また、10回に1回の確率で最大1,000円相当が戻ってくるキャンペーンも対象だ。

PayPayをおトクに使うにはワイモバイルやソフトバンクを利用するのがおすすめだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 970

© 2013 ポイ探

Scroll to top