You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 旅行前にチェックしたいこと 「えらべる倶楽部」「J’sコンシェル」「クラブ・オフ」「エポトクプラザ」を使えると様々な施設が割引となる!

旅行前にチェックしたいこと 「えらべる倶楽部」「J’sコンシェル」「クラブ・オフ」「エポトクプラザ」を使えると様々な施設が割引となる!

旅行前にチェックしたいこと 「えらべる倶楽部」「J’sコンシェル」「クラブ・オフ」「エポトクプラザ」を使えると様々な施設が割引となる!

先日、箱根に行ったときに「森のふれあい館」という箱根町立の施設に行くことにした。2019年7月13日(土)~9月16日(月)までの間、「生きた昆虫展」が開催され、夏休みに入った子ども達とクワガタムシやカブトムシを見てきた。

箱根駅伝のゴール付近を通り過ぎ、少し進むと施設の入口がある。

「森のふれあい館」では「生きた昆虫展」だけでなく、「木の実クラフト」や「ウォークラリー」なども開催されている。ウォークラリーは、入館料を支払っていれば参加でき、安く楽しむことができる施設となる。ロングコース(約60分)、ショートコース(約30分)、ちびっこコース(約10分)の3ルートあり、クイズに挑戦しながら進んでいく。クイズは年4回入れ替わるため、毎年参加しても違う問題になっているようだ。

「生きた昆虫展」では、国内のカブトムシやクワガタムシだけでなく、コーカサスオオカブトやニジイロクワガタ、グラントシロカブトなど、外国産のクワガタムシやカブトムシもたくさん見ることができる。なぜかグラントシロカブトは黒かったが…。100匹以上いるケースには子ども達も大興奮。

入口付近では、カブトムシとノコギリクワガタだけでなく、大人気のニジイロクワガタも手に取ることができた。

この「森のふれあい館」の入場料は、中学生以上が650円、小学生が400円、園児以下は無料と安いのだが、さらに割引特典がないかを探して「クラブ・オフ」「J’sコンシェル」を検索してみた。検索したところヒット0件。

元々安いので諦めていたがJTB旅カードで利用できる「えらべる倶楽部」を検索してみたところヒットした。

「えらべる倶楽部」では、中学生以上が600円(50円OFF)、小学生が300円(100円OFF)となるため、大人2名+小学生の子ども2名で300円引きで利用する事ができる。

通常 えらべる倶楽部
大人(中学生以上) 650円 600円
小学生 400円 300円
園児以下 無料 無料

「えらべる倶楽部」を利用するには、JTB旅カード(会員証)の提示だけでOKだ。裏面に「えらべる倶楽部」のマークがある事が確認できるだろう。

また、「えらべる倶楽部」では「携帯電話会員証」を利用する事も可能だ。携帯電話会員証を表示し、受付で提示するとJTB旅カードの提示と同じ割引価格で利用する事ができる。

「クラブ・オフ」「J’sコンシェル」「えらべる倶楽部」を利用できる対象カードと「エポスカード」のエポトクプラザで検索すると、全てヒットしたり、どれかが対象になっていたりする場合もある。

例えば、箱根園水族館を検索すると、通常大人1,500円(税込)、小人750円(税込)だが、いずれも大人1,200円(税込)、小人600円(税込)で利用する事が可能だ。

画面提示やクーポンなど、様々な利用方法があるため、事前に使い方を確認しておこう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 971

© 2013 ポイ探

Scroll to top