You Are Here: Home » コラム » ソフトバンクのケータイとTカードを連携する

ソフトバンクのケータイとTカードを連携する

ソフトバンクのケータイとTカードを連携する

2014年7月1日(火)に、ソフトバンクのケータイで貯まるポイントがソフトバンクポイントからTポイントに切り替えとなった。従来は1,000円(税抜)につき10 ソフトバンクポイントが貯まっていたが、7月以降は1,000円(税抜)につき5 Tポイントとなる。

ソフトバンクポイントもTポイントも1ポイントの価値は1円だ。そのため還元率で考えると、1.0%⇒0.5%と半減していることがわかる。しかし、機種変更などにしか利用できない1%分のソフトバンクポイントを貯めるよりも、16万2420店舗(2014年4月時点)のTポイント加盟店で使える0.5%分のTポイントが貯まったほうが実は使い道があるだろう。

以前から、ポイントを貯めるには、「貯まりやすいポイント」よりも重要な事は「使いやすいポイント」を貯めることということを伝えてきたが、今回のTポイントへの変更は、使いやすいポイントへの切り替えとなっている。従って、机上の計算では改悪となるが、実は改善されたと言って良いだろう。

ソフトバンクのケータイとTカードの連携を行うには、ソフトバンクショップで行わなければならない。利用料金やソフトバンクポイントを確認できるMy SoftBankでは手続きができないので注意しよう(8月以降はオンラインでの手続きも予定されている)。

ソフトバンクのケータイとTカードを連携するためにソフトバンクショップに行ってきたが、その他身分証明書が必要だった。受付後、5分程度で設定完了。My SoftBankでTポイントの確認ができるのかを聞いた所、2?3日かかるがTポイント情報が表示されるようになるとのことだ。

帰宅後、My SoftBankにアクセスすると、左下にTポイントと、ソフトバンクポイントの記載があった。ほぼタイムラグ無く、設定が反映されていた。これで、次回以降の通信料で貯まるポイントはTポイントになる。手続きをしなければソフトバンクポイントもTポイントも貯まらなくなるため、早めの手続きをおすすめする。

My SoftBankにTポイントの表記が

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 866

© 2013 ポイ探

Scroll to top