QRコード・バーコード

PayPay、PayPay残高の名称や有効期限を変更 PayPayボーナスライト以外は無期限に

PayPayは、2019年7月29日(月)より、PayPay残高の名称と有効期限を変更すると発表した。

口座などからチャージしたPayPayライトは増減が合った日から5年間の有効期限となっていたが、名称がPayPayマネーライトに変更となり無期限となる。キャンペーンなどで付与していたPayPayボーナスの名称は変わらないが、こちらも有効期限が2年から無期限に変更される。

PayPayボーナスミニについては、PayPayボーナスライトに名称が変更さえるが、唯一期限のある残高となり、有効期限60日間は変わらない。なお、2019年9月30日(月)より銀行口座などからチャージした残高がPayPayマネーとなり、出金が可能となる。従来のPayPay残高は出金できるPayPayマネーに変わることはない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース