You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 品川駅構内での新型ポップアップストア「POP-UP BOX」で商品を買ってみた!

品川駅構内での新型ポップアップストア「POP-UP BOX」で商品を買ってみた!

品川駅構内での新型ポップアップストア「POP-UP BOX」で商品を買ってみた!

先日、JR東日本の品川駅と新宿駅で空きスペースの有効利用を目的とした実証実験が開始した。

共同開発したロッカーサイズに新型ポップアップストア「POP-UP BOX(ポップアップボックス)」を設置し、1週間毎に購入できる商品が変わると言う仕組みとなる。

山手線を利用する機会があったので、品川駅で下車。中央改札内1.2番線の階段上に設置されているとのことだったので行ってみることにした。

2019年6月4日~9日までの間は品川駅で「MUKUのプリン」が販売されているはずだ。京急線の改札の辺りを探しても見当たらない。中央改札の方に移動して、ようやく発見。

ニュースリリースにはロッカータイプとあったのだが、普通のカウンターでの販売だ。間違ったのかと思って聞いてみたところ、全部木箱に収納できるようになっているとのことだ。

冷蔵庫をの横を見てみると、後ろのスペースが空いていて、ここに冷蔵庫やカウンターなどを収納できるようになるとのこと。

赤羽駅での無人決済店舗を想像して行ったのだが、普通に人が販売している。冷蔵庫などにSuicaやクレジットカードを通すと扉が開いて、自動的に決済される物だと思い込んでいたため、少し驚いた。

利用できる決済手段はSuicaやPASMO等の交通系ICカードとVisa、Mastercard、セゾンカードとなる。Coineyの端末があり、今回はSuicaで支払うことにした。

「MUKUのプリン」は、自然に近く無理のない環境で生まれた「本当に無垢な食材」だけが利用されているプリンとなる。日常的に食べるプリンと言うよりはお土産に良さそうだ。

今回は想定していたような内容ではなかったが、駅構内には空きスペースがたくさんある。このスペースを活用して、全国展開していないようなスイーツなどが期間限定で販売できるというのはお店にとっても良いのかもしれない。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 935

© 2013 ポイ探

Scroll to top