You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 【UPDATE】プラチナカードも格安化!? 年会費1万円以下で保有できるプラチナカードとは?

【UPDATE】プラチナカードも格安化!? 年会費1万円以下で保有できるプラチナカードとは?

【UPDATE】プラチナカードも格安化!? 年会費1万円以下で保有できるプラチナカードとは?

アメックスのプラチナ・カードが招待制から申込制に変更し、セディナ プラチナカードも招待制から申込制に変更するなどプラチナカードが大きく変わってきている。

今回は、年会費1万円以下のプラチナカードを紹介したい。

【条件付き年会費1万円(税抜)】セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

厳密に言えば1万円(税抜)ではないのだが、条件付きで1万円(税抜)となるのがセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードだ。通常年会費は2万円(税抜)だが、年間利用額が200万円以上の場合は1万円(税抜)となる。

基本的なプラチナカードとしてのサービスは付帯している。コンシェルジュデスクや海外空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスの無料発行、国内空港ラウンジの利用、一流ホテルやダイニングなどの優待サービス「オントレ entrée」、名門コースでのプレーなどを利用可能だ。

月間利用額1,000円(税込)につき永久不滅ポイントが1ポイント貯まる。登録料が無料のSAISON MILE CLUBに登録すると、1,000円(税込)につき10マイル+2,000円(税込)につき永久不滅ポイントが1ポイント貯められる。マイルの上限は年間15万マイルまで。JALマイラーとしても人気のカードとなっている。

カード名に「ビジネス」と付いているため、基本的には法人や個人事業主向けのクレジットカードだが、個人で申し込むことも可能だ。

【年会費1万年(税抜)】ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)

2019年4月1日(月)より、住信SBIネット銀行のデビットカード「ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)」が会員募集を開始した。しかし、申し込み殺到により4月10日(水)で受付を一時停止。

なぜ、そこまでの人気になったのだろうか。ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)は、年会費が1万円(税抜)にも関わらず、国際線の空港ラウンジをLoungeKey(ラウンジ・キー)で利用する事ができる。ただし、ラウンジ・キーの利用は年間3回までと他社カードよりも少ないので注意が必要だ。

また、Mastercardのプラチナとなるため、Taste of Premiumの利用も可能だ。対象店舗を2名以上でコース料理を予約すると1名分が無料となる「ダイニング by 招待日和」や国際線手荷物無料宅配サービスも往復2個まで無料となる。海外旅行に行くときには重たいスーツケースを持ち歩く必要もない。

さらに、独自サービスとしては世界中で利用可能なWi-Fiサービス「Boingo(ボインゴ)」の利用や、日本国内で初となるMastercardコンタクトレスにも対応。

還元率は1.0%とデビットカードの中でも高い方で、月間利用額1,000円につき10スマプロポイントを貯められる。直接スマプロポイントが貯まるために、現金への交換もしやすい。

なお、ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)を保有している場合は、住信SBIネット銀行のランクが2つアップするため最低3となる。ランク3の場合は、ATM利用手数料が1ヵ月7回まで無料、他行あての振込手数料も7回まで無料だ。

デメリットはコンシェルジュデスクが利用できない点だろう。電話1本でホテルの予約や新幹線の手配、お花の手配などができるコンシェルジュデスクはプラチナカードで一番重要な特典となるが、年会費が安いカードになると、このサービスが削られる。

10連休のゴールデンウィーク明け5月9日(木)より受付を再開しているため、必要な方は切替申し込みしよう。ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)への切替は手数料は発生しない。

【年会費3,000円(税抜)】TRUST CLUB プラチナ マスターカード(旧SuMi TRUST CLUBリワードカード)

TRUST CLUB プラチナ マスターカードの年会費は3,000円(税抜)だ。従来はSuMi TRUST CLUBリワードカードという名称だったが、2019年7月1日(月)よりTRUST CLUBプラチナ マスターカードという名称に変更される。

SuMi TRUST CLUBリワードカードというのは、Mastercardのステータスでは「チタン」となっていたのだが、リニューアル後は「プラチナ」へのランクアップとなる。ただし、TRUST CLUBプラチナカードで利用できる内容としては、従来のチタンとそれほど変わりはない。

新たなTRUST CLUBプラチナカード 他社プラチナカードの一例
ダイニング by 招待日和 全国約200店の有名レストランで2名以上の予約で1名無料
国際線手荷物宅配サービス 帰国時の手荷物を優待価格の500円で宅配 出発・帰国時の手荷物を2個まで無料
国内高級ホテル・高級旅館 全国のラグジュアリーホテル・購入旅館の予約
海外用携帯電話・Wi-Fiレンタルサービス 海外Wi-Fiルーター:通信料15%OFF、海外携帯電話:通信料15%OFF・レンタル料金50%OFF
空港クローク優待サービス 1着につき10%割引
国内ゴルフ 全国1,900コースのゴルフ場手配。約150コースの優待価格ゴルフ場の案内
ふるさと納税特別優待 特別な返礼品を用意 特別な返礼品を用意(チタンと異なる)
Trip.com特別優待 初回8%OFF、2回目以降6%OFF 初回10%OFF、2回目以降8%OFF
カーシェアリング特別優待 カード発行手数料無料、月間基本料金3ヵ月無料
「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」Mastercard限定宿泊プラン 3連泊以上の場合は朝食ブッフェ無料、3連泊ごとに100米ドル相当のリゾートクレジットのプレゼントなど
「楽天スポニチゴルファーズ倶楽部」特別入会 年会費を2万円(通常2.4万円)、ラウンド割引券を1.5万円分プレゼント
海外有名ゴルフコース手配代行サービス 宿泊プランとセットで海外の有名ゴルフ場を手配
会員制ゴルフ ビジターだけでは利用できないメンバー限定のコースを利用可能
歌舞伎・能 鑑賞チケットの手配
ヘリクルーズ 東京上空からの夜景と復路リムジン送迎が16万円
Tokyo Supercars特別優待 スーパーカー関連イベントを15%OFFで利用可能

なお、国内でMastercardチタンはSuMi TRUST CLUBリワードカードのみだったため、TRUST CLUBプラチナ マスターカードへの変更でMastercardチタンはなくなった。

TRUST CLUBプラチナ マスターカードもミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)と同様、コンシェルジュデスクの利用はできない。

さらに、国際線の空港ラウンジも利用できない。空港ラウンジを利用できるのはTRUST CLUBワールドカード(旧SuMi TRUST CLUBリワード ワールドカード)となり、年会費は1万2,000円(税抜)だ。

以前、格安ゴールドカードブームがあったが、最近は格安プラチナカードブームだ。格安ゴールドカードの場合はカード券面はゴールドだが国内線空港ラウンジも利用できない等、特典が大幅に削られていた。格安プラチナカードも同様、コンシェルジュデスクや国際線空港ラウンジのサービスなどを省いたカードもあるため、特典をよく確認してから申し込むようにしよう。

2019年5月16日(木)追記

TRUST CLUBプラチナマスターカードの特典を、他社のMastercardプラチナの特典として記述しましたが、特典が異なることが判明しました。特典内容を修正しています。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 960

© 2013 ポイ探

Scroll to top