You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » プラチナ・カードの特典「国内旅館でのご優待」で箱根・翠松園に宿泊! ”空室なし”でも予約できる理由とは?

プラチナ・カードの特典「国内旅館でのご優待」で箱根・翠松園に宿泊! ”空室なし”でも予約できる理由とは?

プラチナ・カードの特典「国内旅館でのご優待」で箱根・翠松園に宿泊! ”空室なし”でも予約できる理由とは?

空室なしでも予約できる?! プラチナ・カードの特典とは?

2018年にアメックスのプラチナ・カード特典である「国内旅館でのご優待」を利用して、宿泊予約が取りにくい「強羅花壇」に宿泊した。

2019年3月末でこの特典が終了したと思っていたが、国内ホテルのみが優待終了となり、国内旅館での優待については継続となっていたため、2019年は箱根・翠松園に宿泊することにした。

箱根・翠松園も人気の旅館で、なかなか宿泊予約が取れない。5月前半に6月・7月空室状況を一休.comで調べると「空室なし」となっている日付もある。

なお、オフィシャルサイトの場合、プレシャススイート ツインを検索しても検索時点では6月分は更新されていないため予約することができない。

この状態でもアメックスのプラチナ・カードの場合は1日1部屋予約できるため、他の会員が予約していなければ予約することが可能だ。

プラチナ・カードでの予約時には1部屋用意に加えて以下の特典がある。

  • 夕食後にワンドリンクをサービス
  • 滞在中エステ施術の利用料金を20%OFF(事前の予約が必要)
  • チェックアウト時間の延長(12:00まで)
  • 手荷物無料宅配サービス

なお、一休.comのダイヤモンド会員の場合は以下の特典を利用可能だ。

  • 12時までのレイトチェックアウト確約
  • 季節のフルーツ盛り合わせ(1滞在につき1回のみ)

通常のチェックアウトは11:00となるため、1時間延長する事ができる。もし、空室がある場合は、一休.comのダイヤモンド会員特典を使った方がおトクに感じるかもしれない。

箱根・翠松園に宿泊してきた!

プラチナ・カードのコンシェルジュデスクでの予約後に、「ご宿泊・予約確認書」がPDFで送られてくる。

15時頃に到着すると、すぐに部屋に案内された。チェックイン・チェックアウトは部屋で可能だ。

寝室やバスルームなどは別となる。

ベッドの前に洗面所などがあり、その奥に露天風呂が設置されている。館内には大浴場もあるが、それほど大きくないため、部屋のお風呂を使った方が良さそうだ。

当日は雨だったため、外にあったハンモックがなかったが、通常はハンモックがあるようだ。なお、冷蔵庫のドリンクは無料となっているのもうれしい。

雨が降っていても緑が美しく、部屋でゆっくり過ごすのも箱根の魅力だろう。

夕食・朝食は部屋出しではなく、レストランの利用となる。それほど遠くはないのだが、やはり部屋出しの方が楽だ。案内されたのは個室で、掘りごたつになっており、ゆっくり食事を愉しむことができる。

プラチナ・カードの特典なのか、食前のシャンパン等を注文できる。予約確認書には「食後」とあるのだが、食前の間違いかもしれない。

事前に苦手な食材なども伝わっているため、それぞれでメニューも異なる。食事はどれもおいしい。

食後は日も暮れ、ライトアップされた緑も美しい。

朝食も同じようにレストランでの利用であるが、同じく個室での利用だった。朝食については和食と洋食を選択でき、今回は洋食を選んだ。外国の方も増えてきているのだろう。

2日目はすっきり晴れて、12時までのチェックアウトのため、妻はエステ、子供達と散歩してアジサイを見たり、サワガニを捕まえたりして楽しんだ。プラチナ・カードの特典で、エステは20%OFF。事前予約が必要だ。

やはり、レイトチェックアウトの特典は非常に良く、通常のチェックアウト後もゆっくりできるのはプラチナ・カードやセンチュリオン・カードの魅力と言える。

プラチナ・カードが申込制となり、様々な特典が2019年3月で終了した。しかし、プラチナ・カード「国内旅館でのご優待」「手荷物無料宅配サービス(国内旅館)」については2019年4月以降も利用できる。

利用できるのは良いのだが、特典内容や対象旅館を確認できるBenefit Bookが終了となっており、この辺りは不便なので早く対応して欲しいところだ。

1日1部屋をおさえているというのは、旅行会社ではあることだが、カード会社でおさえているというのは珍しい特典ではないだろうか。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 954

© 2013 ポイ探

Scroll to top