You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » tsumiki証券で1年間運用した実績を公開! エポスポイントは貯まる?

tsumiki証券で1年間運用した実績を公開! エポスポイントは貯まる?

tsumiki証券で1年間運用した実績を公開! エポスポイントは貯まる?

エポスカードで投資信託の積立ができる「tsumiki証券」が2018年8月31日(金)よりサービスが開始している。

筆者も早速積立投資を開始した。

「セゾン資産形成の達人ファンド」で毎月5万円を積み立てた。今回は、1年での運用成績や貯まるポイントなどについて詳細に紹介したい。

tsumiki証券での1年間の運用成績は?

tsumiki証券での最初の積立開始日が2018年10月12日(金)となる。1年間の2019年10月10日(木)時点の基準値を確認してみた。-454円と若干のマイナス。

運用成績はそれほど良くないが他のファンドを選んでいたとしてもそれほど変わらないのではないだろうか。

tsumiki証券での投信購入時にはエポスポイントは貯まらない!

tsumiki証券はエポスカードでの積立購入ができるのだが、楽天カードで楽天証券の投資信託購入とは異なり、購入額に対してポイントは貯まらない。

例えば、2019年5月の利用を見てみると、au WALLETプリペイドカードへのチャージ、Amazon.co.jpでの利用のみポイントが貯まっているが、tsumiki証券利用分のポイント付与は利用分にないことがわかる。

tsumiki証券では1年間に最大0.5%のエポスポイントが貯まる!

tsumiki証券でクレジットカード決済によるエポスポイントは貯まらないのだが、年間購入額に対してのエポスポイントを貯めることができる。

1年目は0.1%、2年目は0.2%、3年目は0.3%、4年目は0.4%、5年目以降は0.5%となる。

tsumiki証券のサイトには次のように書かれている。

年間に2回以上のつみたて実績があること、証券の口座を閉鎖していないという条件をクリアしていればもらえます。
年間のつみたて金額 × 0.1%(1年目)~0.5%(5年目以降)のエポスポイントを年に1回プレゼントします。

例えば、1年目に5万円×12=60万円を積み立てすると60万円×0.1=600エポスポイントを獲得できる。2年目も同額で積み立てると60万円×0.2%=1,200エポスポイントだ。積立合計額に対するポイントではなく、年間の積立金額に対してのポイントのため、年間で獲得できるのは5年目以降の60万円×0.5%=3,000エポスポイントが最大となる。

実際に、1年間運用してみたところ、2019年10月6日(日)にエポスポイントが大きく増えていた。サービスには「がんばってるね!ポイント」とあり、正直何のポイントなのかわかりにくいが、おそらくこれがtsumiki証券での獲得ポイントだろう。

その後、エポスカードから『tsumiki証券「がんばってるね!ポイント」つきました!』と言うメールが届き、このポイントがtsumiki証券のポイントという事がわかった。

1年間の運用成績は-454円となるが、600円相当のポイントが貯まっている事を考えると、+146円相当とも考えられる。ただし、現時点ではファンドを売却していないため、-454円も確定ではない。あくまでも1年での運用成績と獲得ポイントでの計算だ。

tsumiki証券での投信購入額はエポスカードの年間利用額に含まれる!

続いて、エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの場合は年間の利用金額に対してボーナスポイントを獲得することが可能だ。

エポスゴールドカードの場合は50万円以上の利用で2,500ポイント、100万円以上の利用で1万ポイント獲得できる。エポスプラチナカードの場合は100万円以上の利用で2万ポイント、200万円以上の利用で3万ポイントとボーナスポイントも大きい。

tsumiki証券での投資分には直接エポスポイントは貯まらないのだが、年間利用額にはカウントされる。従って、5万円を毎月積み立てている場合は60万円の利用がある事になる。エポスゴールドカードの場合、ボーナスポイントを獲得できる50万円をクリアするため、tsumiki証券での投資だけで2,500エポスポイントのボーナスポイントを獲得することが可能だ。

5年以上、tsumiki証券で毎月5万円積み立てした場合は、エポスゴールドカードのボーナスポイントを含めると0.92%程度(60万円の利用で3,000ポイント+2,500ボーナスポイント)と還元率も高い。もし、公共料金などをエポスカードで支払っている場合、別途40万円以上利用するだけで1万ポイントのボーナスポイントも獲得可能だ。

マルイもあまり行く機会がなくなったと言う方でも、tsumiki証券で毎月積立をするだけで眠っているエポスカードも有効活用できそうだ。もちろん、現在でもエポスカードを利用している方の場合、ボーナスポイントに近づけるためにtsumiki証券を利用すると言うのもありだろう。無駄な買い物をせずに利用実績を積み上げることが可能だ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 971

© 2013 ポイ探

Scroll to top