You Are Here: Home » クレジットカード » セディナ、外貨でのカードショッピング利用時の海外事務処理費用を変更

セディナ、外貨でのカードショッピング利用時の海外事務処理費用を変更

セディナ、外貨でのカードショッピング利用時の海外事務処理費用を変更

セディナは、2019年7月1日(月)より、外貨での国際ブランドで処理された売上に関する事務処理費用を改定すると発表した。

改定前は、CF/QQカードはVisaとMastercardブランドで1.63%、JCBブランドとOMCカードの全ブランドは1.60%だったが、改訂後は全てのブランドで2.20%となる。

例えば、100米ドル(=1米ドル100円換算)を利用する場合、改定前は10,000円×1.63=10,163円だったのが、改訂後は10,000円×2.20%=10,220円となる。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 7199

© 2013 ポイ探

Scroll to top