You Are Here: Home » QRコード・バーコード » セブンカード・プラス、7pay開始後のグループ店舗利用時のnanacoポイントが改悪

セブンカード・プラス、7pay開始後のグループ店舗利用時のnanacoポイントが改悪

セブンカード・プラス、7pay開始後のグループ店舗利用時のnanacoポイントが改悪

セブン・カードサービスのセブンカード・プラスでは、2019年7月以降、グループ店舗での利用で貯まるnanacoポイントの還元率を変更する。

現在、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートデニーズでは200円(税込)につき3 nanacoポイントを獲得できるが、7月以降は200円(税込)につき2 nanacoポイントと1%還元となる。

カード提示で現金払い時には、イトーヨーカドー、ヨークマートで100円(税抜)につき1 nanacoポイントだったが、7月以降は200円(税抜)につき1 nanacoポイントに改悪だ。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーでのnanaco払いも変更となり、200円(税抜)毎に1 nanacoポイントと半減する。

2019年7月1日(月)からは、バーコード決済サービス「7pay」が開始し、開始のタイミングでnanacoポイント付与の改悪となる。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 6831

© 2013 ポイ探

Scroll to top