You Are Here: Home » コラム » 「Pontaポイント運用」が開始 Pontaポイント運用のメリット・デメリット

「Pontaポイント運用」が開始 Pontaポイント運用のメリット・デメリット

「Pontaポイント運用」が開始 Pontaポイント運用のメリット・デメリット

Pontaポイント運用とは?

最近はポイント運用サービスが増えている。永久不滅ポイントや楽天スーパーポイント、dポイントなどを擬似的に運用するサービスが誕生しており、知っている方も多いのではないだろうか。

Pontaポイントも2019年4月9日(火)よりポイント運用サービスを開始する予定だ。

「Pontaポイント運用」サービスは、20 Pontaポイント以上、1 Pontaポイント単位で運用することができる。個別株やREITなどに連動して運用され、運用されたポイントを20 Pontaポイント単位で引き出すことが可能だ。

Pontaポイントをそのまま運用することはできず、Pontaポイントを運用可能なポイントに交換する。そのポイントを個別銘柄に連動するポイントに交換するという仕組みとなる。

この「Pontaポイント運用」サービスについて、筆者なりに考えたので紹介したい。

Pontaポイント運用のメリットは?

まず、使い道のないポイントがあった場合、とりあえず運用しておくとポイントが増える可能性がある。特に、永久不滅ポイントなどは、ポイント交換せずに使っていない人もいるだろう。それであればポイント運用サービスで運用しておくというのも手だ。

また、ポイント運用サービスを利用すると、ポイントの有効期限がなくなる。有効期限があるために使い切ろうとする必要もなく、運用成績が時に引き出して使えば良い。

Pontaポイントの有効期限は最終利用日(加算日または利用日)から1年間という条件があるが、ポイント運用中は有効期限を気にする必要がなくなる。

Pontaポイント運用のデメリットは?

Pontaポイント運用のデメリットは、なんと言っても手数料がかかる点だろう。手数料は2つあり、運用手数料と交換手数料となる。2019年5月31日(金)までは運用手数料はかからないが、それ以降の手数料がどのくらいになるのかはわからない。

2つ目の交換手数料だが、Pontaポイントから運用するポイントに交換する際は手数料がかからない。手数料が必要になるのは運用中のポイントからPontaポイントに交換する時だ。このときに5%の運用手数料が発生する。

例えば、100ポイントをPontaポイントに戻すときには5%分が引かれて95 Pontaポイントとなる。正直、5%の手数料は高いだろう。他社のポイント運用サービスでは手数料がかからない場合が多い。

また、手数料の関係で20 Pontaポイント単位でしか引き出すことができないのもデメリットだ。例えば、200 Pontaポイントで運用を開始し、219ポイントになっていた場合、19ポイントはPontaポイントに戻せないことになる。200ポイントをPontaポイントに交換すると、5%の手数料が引かれるため190 Pontaポイントとなるわけだ。運用中の19ポイントと190 Pontaポイントを合わせると209ポイントと増えているのだが、実際に利用できるポイントで考えれば190円分と運用前よりも少なくなる。

もちろん、19ポイントは運用されるため20ポイントになれば引き出すことができるが、20ポイントになったタイミングで全額引き出すことが難しい。

理由は、ポイント運用は終値で決まるため、ポイントの引出申請したタイミングでは確定しない。例えば、申請したタイミングで20ポイントになっていても、15時過ぎたタイミングで19ポイントになっていた場合は引き出すことができない。また、21ポイントになっていた場合は、1ポイントを引き出すことができず、運用しているポイントをきれいに引き出すことは難しい。

ポイント運用サービス自体は良いのだが、手数料が高いことと、全額ポイントを引き出せるオプションができるまではPontaポイント運用はおすすめしない。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 866

© 2013 ポイ探

Scroll to top