You Are Here: Home » コラム » メルペイをiD加盟店で使ってみた! 実店舗ではiDではなくSuicaチャージでSuica決済の方がおすすめ!

メルペイをiD加盟店で使ってみた! 実店舗ではiDではなくSuicaチャージでSuica決済の方がおすすめ!

メルペイをiD加盟店で使ってみた! 実店舗ではiDではなくSuicaチャージでSuica決済の方がおすすめ!

2019年2月13日(水)より、メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」が開始した。

Apple PayとしてSuicaチャージで利用してみたが、新たに実店舗でメルペイを使ってみたので紹介したい。

今回は、メルペイの事業戦略発表会「MERPAY CONFERENCE 2019」で体験ブースがあったため、そちらで利用する事に。

メルペイをWALLETアプリに追加したり、銀行口座を登録する場合などはSuicaチャージ時の記事を参考にして欲しい。

販売されていたのは「お水」「ハイチュウ」「ムーンライト(クッキー)」「プリングルス」となる。どれもオリジナル商品だ。

「これを買ってメルカリで売って」と言う事も頭に浮かんだが…。早速2つ商品を購入し「iDで」と伝える。

ダブルクリック後にFace IDで認証し、iPhoneを端末にかざす。

支払が完了するとApple Payの決済音がなり決済完了となる。

コンビニなどで行っているiDやQUICPay決済と同じだ。ただし、実際に支払ってみると、メルペイの場合は一度Suicaにチャージし、Suicaで支払った方が便利だろう。

メルペイは決済時にポイントは貯まらない。そのため、Suicaにチャージし、エクスプレスカードとして登録しているSuicaで支払えば、Touch IDやFace IDでの認証せずに支払うことが可能となる。

エクスプレスカードの登録は、iPhoneの「設定」⇒「WalletとApple Pay」から「エクスプレスカード」のメニューをタップし対象のカードを選択することで設定が可能だ。

エクスプレスカードの説明にも、「選択したエクスプレスカードはFace IDまたはパスコードなしで自動的に利用できます」とあるように、認証する必要がなくなる。

なお、メルペイでWalletアプリからSuicaにチャージするときには11円以上であればチャージできるため、少額からチャージして利用する事もできる。

メルペイの残高履歴を確認しても11円の支払いができていることがわかる。

メルペイ以外のクレジットカードやプリペイドカードの場合は、モバイルSuicaチャージ時にポイントが貯まらない場合もあるため、Face IDやTouch IDでの認証が必要だが、iDやQUICPayで支払った方がおトクだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 888

© 2013 ポイ探

Scroll to top