You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 対象レストランで2名のコース料理を注文すると1名分が無料になるサービスを比較してみた

対象レストランで2名のコース料理を注文すると1名分が無料になるサービスを比較してみた

対象レストランで2名のコース料理を注文すると1名分が無料になるサービスを比較してみた

年会費が高額なゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードには、特定のレストランでコース料理を2名以上で注文すると1名分が無料となるサービスがある。

ダイナースクラブのエグゼクティブダイニングやJCBのグルメ・ベネフィット、招待日和など、様々なサービスがあるが、仕組みはほとんど同じとなる。

1万円以上のコース料理が1名分無料となるため、割引率は非常に高い。今回は、それぞれの特典で利用できる店舗を調査してみたので紹介したい。

まず、それぞれの都道府県毎のレストラン数を調べてみた。

エグゼクティブダイニング プレミアム エグゼクティブダイニング グルメ・ベネフィット 招待日和 グルメクーポン
ダイナースクラブカード、SuMi TRUST CLUBプラチナカードなど ダイナースクラブ プレミアムカードなど JCBザ・クラス、JCBプラチナなど プラチナ・カード、ラグジュアリーカード、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードなど 三井住友プラチナカード、セディナ プラチナカードなど
北海道 北海道 16 20 6 16 3
東北 青森県 0 0 1 0 0
岩手県 0 0 0 0 0
宮城県 1 6 0 6 0
秋田県 0 0 0 0 0
山形県 0 0 0 0 0
福島県 1 1 0 0 0
東京 東京都 119 164 29 101 43
関東(東京以外) 茨城県 3 3 3 0 0
栃木県 2 2 1 0 0
群馬県 0 0 0 0 0
埼玉県 1 3 2 1 1
千葉県 1 1 1 1 0
神奈川県 11 17 7 8 3
甲信越 新潟県 0 0 0 0 0
山梨県 1 1 1 0 0
長野県 1 1 1 0 0
北陸 富山県 1 1 1 0 0
石川県 5 5 0 3 0
福井県 2 2 1 0 0
東海 岐阜県 4 4 4 4 0
静岡県 5 6 2 3 0
愛知県 25 30 8 22 12
三重県 0 0 1 0 0
大阪 大阪府 22 34 15 18 22
近畿(大阪以外) 滋賀県 2 2 1 0 0
京都府 13 18 5 15 3
兵庫県 11 12 6 6 2
奈良県 0 1 1 0 0
和歌山県 2 2 0 0 0
中国 鳥取県 0 0 0 0 0
島根県 1 1 1 1 0
岡山県 2 2 2 1 0
広島県 7 7 4 3 0
山口県 3 3 4 0 0
四国 徳島県 0 0 1 0 0
香川県 1 1 1 0 0
愛媛県 4 4 1 0 0
高知県 3 5 1 4 0
九州 福岡県 32 37 9 30 15
佐賀県 0 0 0 0 0
長崎県 1 1 1 0 0
熊本県 1 1 3 0 0
大分県 1 1 1 0 0
宮崎県 0 0 3 0 0
鹿児島県 5 5 4 0 0
沖縄 沖縄県 0 0 0 0 0
合計 310 404 133 243 104

表を見てもわかる用に、ダイナースクラブのエグゼクティブダイニングが圧倒的にレストランが多い事がわかる。プレミアム エグゼクティブダイニングは、通常のエグゼクティブダイニングに加え、プレミアムカード会員限定を合わせた数となる。

断トツでエグゼクティブダイニングの対象レストランが多いのだが、3月31日でサービスを終了する店舗も多くある。ただし、他のサービスでもレストランの入れ替えがあるかもしれないため、現時点ではエグゼクティブダイニングの圧勝だ。

続いて多いのが招待日和、その次がJCBのグルメ・ベネフィット、最後に三井住友プラチナカードなどのグルメクーポンとなる。JCBのグルメ・ベネフィットは他のサービスで対象外のエリアが対象になっている場合があるのが特徴的だ。

なお、これらのサービスを利用する場合は、基本的に年会費が2万円以上もするカードが対象となるが、唯一3,000円(税抜)の年会費で招待日和を利用できるカードがある。「SuMi TRUST CLUB リワードカード」となり、Mastercardの「Taste of Premium」を利用できる。Taste of PremiumにはTASTE OF PREMIUM ダイニング BY 招待日和があり、招待日和のサービスの利用が可能だ。年に1回でもこの特典を利用すれば、簡単に年会費の元が取れてしまう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 964

© 2013 ポイ探

Scroll to top