You Are Here: Home » コラム » メルペイでSuicaにチャージしてみた WALLETアプリからチャージが可能

メルペイでSuicaにチャージしてみた WALLETアプリからチャージが可能

メルペイでSuicaにチャージしてみた WALLETアプリからチャージが可能

2019年2月13日(水)にメルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」が開始した。

今回は、メルペイに銀行口座からチャージし、Suicaにチャージして利用してみたので紹介したい。

メルペイで銀行口座を登録

まず、筆者はメルカリの売上がない。従って、メルペイを使うには銀行口座からチャージする必要がある。

まず、銀行口座の登録を行い、今回は三菱UFJ銀行を登録した。

登録するとメルカリの「メルペイ」メニューで残高の下に銀行名が表示される。

メルペイで銀行口座からチャージ

続いて、銀行名横にある「チャージ(入金)」ボタンをタップ。チャージする金額を選択できるため、1,000円を選択し「チャージする」ボタンをタップ。

「チャージしています」のメッセージが表示されるため、そのまま待つ。

チャージが完了すると、上部にチャージ完了メッセージが表示され、メルペイ残高が1,000円となった。

WALLETアプリでSuicaにチャージ

WALLETアプリを起動し、Suicaを選択する。「…」をタップし真ん中当たりにある「チャージ」をタップ。

チャージメニューが表示されるため1,000円を選択し、右上の「チャージ」をタップ。

チャージするカードの選択画面が表示される。デフォルトではメインカードが表示されているため「>」をタップ。メルペイをメインカードに設定している場合はこの操作は不要だ。

WALLETアプリに登録しているカード一覧が表示されるため、「メルペイ電子マネー」をタップ。

支払カードが切り替わったところで、Touch IDまたはFace IDで認証する。

支払が正常に完了するとSuicaの残高が1,000円増える。

WALLETアプリでメルペイのカードを見ると、1,000円をJR東日本で使ったことを確認できる。

メルカリのアプリでメルペイを確認すると、残高が500円になっていた。

使っていない利用者向けに500ポイントが付与されていたためか、500円分のポイントが消費され、残りの500円が残高から支払われたと言う事だろう。

メルペイはiDだけでなくSuicaでも利用できる

ニュースリリースで、メルペイはiDで利用可能とあるが、SuicaにチャージすることでSuica加盟店でも利用可能だ。Suicaとしてチャージすればメルカリでの売上で鉄道乗車も可能となる。

また、銀行口座から振替でメルペイにチャージすれば、クレジットカードを保有していなくてもオンラインだけでSuicaチャージができるようになり、意外と使い勝手が良さそうだ。

ただし、メルペイへのチャージでも、メルペイでの支払でもポイントなどを獲得できないため、Suicaでおトクに使いたいのであればビューカードからのチャージがおすすめだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 888

© 2013 ポイ探

Scroll to top