You Are Here: Home » コラム » 「d払い」のログインで「FES1003」が出てログインできない場合の対処方法は?

「d払い」のログインで「FES1003」が出てログインできない場合の対処方法は?

「d払い」のログインで「FES1003」が出てログインできない場合の対処方法は?

iPhone 7からiPhone XSへの機種変更

先日、iPhone 7をiPhone XSに変更した。変更した理由は、iPhone 7を落として、ほとんどの機能は動作するが1つだけ動作しなくなった機能があったためだ。

動作しなくなったのはApple PayでSuicaやiD、QUICPayなどの機能だ。iPhone 7を持っている理由は、Apple Payを試すためであり、この機能が使えないとなるとiPhone 7を持っている意味もなくなってしまう。

さらに、メルペイはApple Payを利用する事になるため、この機能も試すことができない。

修理する事も考えたが、iPhone 8以降はWALLETアプリに12枚までカードを登録できると言う事もあり、iPhone 7から変更する事にした。

筆者はドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル、LINEモバイル、ワイモバイルの6つ保有しているが、ドコモはXPERIA XZ2 Premium(SO-04K)、auとソフトバンクがiPhone 7となっていた。

今回故障したiPhone 7はソフトバンクのもので、こちらをiPhone XSに変更したという流れとなる。

d払いのログインで「FES1003」エラー

iTunesでバックアップから復元し、後は全てのアカウントでログインすればiPhone XSに切替が完了する。

コード決済などのログインをしていたが、d払いのログイン時に「ただいまご利用になれません。恐れ入りますが、しばらくしてからご利用下さい。FES1003」というメッセージが表示された。

「OK」ボタンを押すと、「認証に失敗いたしました。再度ログインして下さい。spモード契約者の方は、Wi-FiをOFFにしていただき、モバイルネットワーク(spモード)に接続してからログインして下さい」とのメッセージが表示される。

色々検索してみたが、解決方法が見当たらない。

d払いのログインで「FES1003」エラーの回避方法 ドコモ回線で利用

ドコモに確認してみたところ、ドコモ回線を利用しているアカウントの場合、ドコモ回線の端末からログインしなければならないとのことだ。

筆者の場合は、ドコモ回線を利用しているXPERIA XZ2 Premium(SO-04K)でd払いのアプリを利用すればログインできるようになるが、ソフトバンク回線やau回線の端末では利用できなくなっていると言う事となる。

実際に、XPERIA XZ2 Premium(SO-04K)でログインしてみたところ、Wi-FiをOFFにする事で無事にログインする事ができた。

もちろん、ドコモ回線以外を利用しているdアカウントの場合は、回線認証はされないため、普通にログインが可能だ。ドコモの回線を辞めると、dアカウントから情報が削除されるため、他の端末でd払いの利用は可能となる。

なお、dアカウントを複数保有し、ドコモ回線以外のdアカウントを保有している場合は、ソフトバンク回線でもau回線でもFES1003のエラーが出ずにログインが可能となっている。

d払いのログインで「FES1003」エラーの回避方法 テザリングは?

ドコモの回線からアクセスすれば良いのかと考え、ドコモの回線を利用しているXPERIA XZ2 Premium(SO-04K)でテザリング。

ソフトバンクのiPhone XSでWi-Fiでつなぎ、d払いにログインしてみた。

やはりこれでもFES1003のエラーがでて、ログインできなかった。

d払いのログインで「FES1003」エラーの回避方法 SIM交換は?

続いて、XPERIA XZ2 Premium(SO-04K)のSIMを抜いて、iPhone XSにさして起動。新しいiPhone XSはSIMフリーの端末のため、そのまま利用できるはずだ。

iPhone XSの設定を確認したところ、「NTT DOCOMO」と表示があるため、回線も正常に認識されている。

この状態で、Wi-FiをOFFにして、d払いのログインを実行してみた所、正常に動作した。

続いて、iPhone XSのSIMをソフトバンクのSIMに差し替える。一度、認証が通っているため、d払いアプリはそのまま使えるのではないかと考えた。

ソフトバンク回線になっている事を確認し、d払いのアプリを起動してみたところ、正常に起動することができた。

一度、認証が通ればドコモ回線を利用していた場合でも、他社回線の端末でd払いを利用できる。

ただし、セッションが切れて、ログインが必要になった場合は、再度SIMを交換してログインし直さなければならない。どのくらいでセッションが切れるのか、アプリの更新時にセッションが維持されるのかが不明で、そのままドコモ回線でd払いした方が良さそうだ。

FES1003のエラーメッセージはいつから?

なお、FES1003のエラーが表示されるようになったのは2019年1月22日(火)からとのこと。

dポイントカードのアプリなどではエラーメッセージが表示されないが、d払いは決済サービスとなるため、セキュリティの強化として回線確認が入った。

コード決済は全て同じ端末にまとめたかったのだが、仕様変更で使いにくくなってしまった。セキュリティも重要だが、セキュリティをガチガチにすると使いにくいサービスとなり、結果として普及しなくなる可能性もある。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 904

© 2013 ポイ探

Scroll to top