You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ローソン銀行のクレジットカード「ローソンPontaプラス」を申し込んで見た キャンペーンでPontaポイントがザクザク貯まる!

ローソン銀行のクレジットカード「ローソンPontaプラス」を申し込んで見た キャンペーンでPontaポイントがザクザク貯まる!

ローソン銀行のクレジットカード「ローソンPontaプラス」を申し込んで見た キャンペーンでPontaポイントがザクザク貯まる!

ローソン銀行の口座を開設し、支店名が「おべんとう支店」という強烈なインパクトの口座を保有することとなったが、新たに「ローソンPontaプラス」というクレジットカードが発行されたので早速申し込むことにした。

ローソンPontaプラスとは?

ローソンPontaプラスは年会費が無料。国際ブランドはMastercardとなり、ローソンやローソンストア100、ナチュラルローソンでクレジット決済すると、100円(税抜)につき2 Pontaポイントを獲得できるカードとなる。通常のMastercard加盟店では200円(税込)につき1 Pontaポイントと還元率は0.5%だ。

なお、毎月のカード利用金額に応じて、ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソンでの店舗では100円(税抜)につき最大4 Pontaポイントが貯まるステージ制も導入。

利用加盟店とポイントの種類 ポイントの貯まり方 加算タイミング
ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソンでの利用 お買い上げポイント クレジットカードでの支払100円(税抜)につき2ポイント 支払い完了後
ステージポイント 毎月のカード利用額に応じて100円(税抜)につき0~2ポイント 支払完了から3~5日後
上記以外のMastercard加盟店 クレジットポイント クレジットカードでの支払200円(税込)につき1ポイント 毎月初旬

ステージは1ヵ月のクレジットカード利用額に応じて変わり、月間8万円以上を利用した場合は、ローソンなどで4%のPontaポイントを獲得可能だ。ハードルは高めだろう。

ステージ 1ヵ月の利用金額 お買い上げポイント ステージポイント 合計ポイント
★★★★
(4STAR)
8万円以上 2ポイント 2ポイント 4ポイント
★★★
(3STAR)
6万円以上、8万円未満 1ポイント 3ポイント
★★
(2STAR)
4万円以上、6万円未満 0.5ポイント 2.5ポイント

(1STAR)
4万円未満 優遇なし 2ポイント

ローソンPontaプラスを申し込み

ローソンPontaプラスの申し込みはローソン銀行のwebから申し込みすることができる。

ローソン銀行にログインし、「各種お手続き」⇒「クレジットカード申込」をクリックする。

商品説明が表示されるため「確認」ボタンをクリック。申込についての規約に「同意します」にチェックを入れ「次へ」ボタンをクリック。

銀行口座の氏名、生年月日、性別、住所、メールアドレスが入力されている状態となるため、ローマ字、電話番号や居住形態などを入力し、「次へ」ボタンをクリック。

勤務先や暗証番号、ETCカードの申込などを選択し、「次へ」ボタンをクリック。

引落口座を選択する。特にローソン銀行を指定する必要もない。オンライン口座振替サービスを利用する場合は「利用する」をクリック。

金融機関を選択し、金融機関のサイトに繋がるため、必要な情報を入力することで口座振替の登録が完了する。

再度、ローソン銀行のページに移動し、確認画面で「申込」ボタンをクリックすると申込が完了する。

ローソンPontaプラスが到着! キャンペーンでPontaポイントがザクザク!

早速ローソンPontaプラスが届いた。まず、一式を確認すると、新規入会特典として入会日から3ヵ月後の月末まで、最大5,000 Pontaポイントを獲得できるキャンペーンが実施されている。

  1. 5万円以上のショッピング利用で2,000 Pontaポイント
  2. 電気・ガス料金いずれかの支払で1,000 Pontaポイント
  3. 携帯電話・PHS料金いずれかの支払で1,000 Pontaポイント
  4. 「会員専用WEBサービス」への登録で500 Pontaポイント
  5. 「WEB明細チェック」への登録で500 Pontaポイント

“2”、”3″はちょっと変更が大変なので、”1″、”4″、”5″の獲得を目指す。

早速、5万円を利用し、”1″をクリア。なお、三菱UFJニコスのクレジットカード名としては「ローソン銀行クレジットカード」となるようだ。

webサービスへの登録で”4″がクリア。web明細チェックの登録で”5″をクリア。”5″については、登録時に案内があるが、後日登録する場合は、webサービスメニューの「お客様情報の照会・変更」⇒「お客様情報の照会」で確認が可能だ。

これで、2,000 Pontaポイント+500 Pontaポイント+500 Pontaポイント=3,000 Pontaポイントを獲得できる。獲得したPontaポイントは入会日から6ヵ月後の月末までに加算される。

ローソンPontaプラスのステージ確認は?

続いて、ローソンPontaプラスの一番のメリットはステージ制となる。ここで、今回5万円の決済をしたため、2STAR(★★)にはなるはずだ。

ステージについては、毎月27日~月末までに登録したメールアドレス宛に送られるとあるが、webで確認したいところだ。

ローソンPontaプラスのweb明細サービスを見ても確認できず、ローソン銀行のwebサイトでも確認できるページが見つからない。

そこで、広報に確認したところローソン銀行を引落口座に設定していればwebでもアプリでも確認が可能とのこと。それ以外は、毎月27日~月末までに送られるメールで確認しなければならないようだ。ちょうど記事を書いていたのが月末となり、メールの確認ができた。

ステージ算定の対象金額が「0円」となっており、先日使った5万円は反映されていない。

追記:

3月10日頃にローソン銀行アプリを確認したところ「今月のステージ」が反映されていた。

ローソンPontaプラスのステージ判定は?

ローソンPontaプラスのステージ判定を調べると、16日~翌月15日までの利用代金で判定され、翌月27日から月末までにステージが決定。翌々月からのステージ適用となる。

筆者が5万円利用したのは2月22日となるため、3月27日~月末までに2STARが決定し、4月1日~4月30日までが2STARの期間となる。もちろん、3月15日までに3万円以上を利用すると4STARとなるはずだ。

このステージ判定は単純にローソンなどでしか適用されないが、ローソン銀行でのステージにも利用し、他行宛て振込の優遇などがあるとカード利用率が上がるような気がする。

他のPontaポイントと合算できる?

筆者は、JMBローソンPontaカードVisaとPonta Premium Plusのクレジットカードを保有している。

問題となるのが、Pontaポイントの統合だ。JMBローソンPontaカードVisaとPonta Premium Plusについてはグループ機能で統合している。

今回も同じようにJMBローソンPontaカードVisaのPontaアカウントからローソンPontaプラスのPonta IDをグループに招待したのだが、うまく統合できない。既に新規でのグループ招待機能は終了しているためだ。

続いて、「Pontaポイント統合・移動手続き」と言うページを発見。「統合・移動元」にローソンPontaプラスを、「統合・移動先」にJMBローソンPontaカードVisaを選択すると、「お手続きできません」と表示された。

クレジットカードのポイントを統合する方法はないらしい。従来のようにグループ機能が復活してくれるとありがたいのだが。

できない物は仕方がないので、違うアプリで別々のPontaカードとして登録・利用するしかなさそうだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 882

© 2013 ポイ探

Scroll to top