You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 「えきねっと」のチケットレスで成田エクスプレスの乗車してみた! チケットレスの場合は200円引きに ビューカードの場合は1.5%のJRE POINT獲得も

「えきねっと」のチケットレスで成田エクスプレスの乗車してみた! チケットレスの場合は200円引きに ビューカードの場合は1.5%のJRE POINT獲得も

「えきねっと」のチケットレスで成田エクスプレスの乗車してみた! チケットレスの場合は200円引きに ビューカードの場合は1.5%のJRE POINT獲得も

東北新幹線や東海道新幹線をモバイルSuicaで乗車していると、紙の特急券を購入するのに窓口で並んだり、数分後のチケットを購入したい時などに不便を感じる。

今回、成田空港までの成田エクスプレスを予約する際、モバイルSuicaで乗車できないか調べると、「えきねっと」のチケットレスが利用できる事が判明した。

「えきねっと」とは?

「えきねっと」とは全国の新幹線やJR特急列車の指定席きっぷの申し込みができるサービスとなり、特にJR東日本の新幹線を割引価格で予約できるサービスがおトクだ。

例えば、東京⇒新青森の乗車券+特急券(普通車指定席)の場合、17,350円となるが、「お先にトクだ値25」の25%割引で購入した場合は13,010円で購入可能。

新幹線のチケットは割引がないことも多いため、JR東日本の新幹線を利用する場合は「えきねっと」に登録する事をおすすめする。

「えきねっと」のチケットレスサービスとは?

JR東日本の特急列車「ひたち・ときわ」「スワローあかぎ」「成田エクスプレス」「あかぎ」に乗車する場合、「えきねっと」のスマートフォンサイトから「チケットレス申込メニュー」で申し込むと、駅で指定席特急券を受け取らず、そのまま乗車できる。

「ひたち・ときわ」「スワローあかぎ」「あかぎ」のチケットレスサービスで申し込んだ場合は100円引き、「成田エクスプレス」は200円引きで購入できる。

なお、パソコンではチケットレスサービスの申込ができないため、スマートフォンや携帯電話から申込が必要だ。

「えきねっと」のチケットレスサービスを申し込んで見た

早速、スマートフォンで「えきねっと」を表示し、ログインする。右上の「サービスメニュー」をタップするとメニューが表示される。「チケットレス申込」をタップ。

今回は「成田エクスプレス」をタップ。メールアドレスの確認画面が表示されるが、問題ない場合は「次へ」ボタンをタップ。

「乗車日」「出発時刻」「乗車駅」「降車駅」を選択。

候補の成田エクスプレスが表示されるため、希望する時間帯の列車をタップ。

「人数」を選択し、座席のシートマップを表示する。「○」をタップすると、その席が予約可能だ。

「以上の内容で申込む」をタップすると、確認画面が表示される。

「注意事項に同意する」にチェックを入れ「以上の内容で新規購入する」をタップすると購入完了だ。

購入完了時には、画面キャプチャしておくと便利だ。もし、メールが何らかの影響で送られなかった場合、何号車の何番か確認するのが難しくなる。画面キャプチャしておくと、乗車時に確認が可能となる。

購入画面でも書かれている通り「チケットレス割引」が適用されていることがわかる。

「えきねっと」ではビューカードがおトク!

なお、「えきねっと」には「えきねっとポイント」もある。JR東日本・JR北海道エリアでチケットレス申込の場合、30えきねっとポイント獲得できる。

1えきねっとポイントは2.5 JRE POINTとして交換する事ができ、自動交換を指定すると、交換必要ポイントに達した日の翌日10時10分頃にJRE POINTに交換される。50えきねっとポイント以上、10えきねっとポイント単位で交換可能だ。

また、「えきねっと」の登録クレジットカードにビューカードを登録している場合、1,000円につき15 JRE POINTと通常の3倍のポイントを獲得できる。

貯まったJRE POINTは1ポイント=1円としてSuicaにチャージして使う事も可能だ。

「えきねっと」のチケットレスサービスで乗車するには?

チケットレスサービスで申し込んだ列車の何号車、何番かを確認し、乗車する。

なお、別途乗車券が必要となるが、モバイルSuicaやSuicaを改札にタッチして乗車すれば良い。わざわざ乗車券だけを切符で買う必要はないため、モバイルSuicaやSuicaを持っている場合はチケットは一切必要ない。

「えきねっと」のチケットレスサービスは、割引もあり、えきねっとポイントも貯まり、ビューカードを指定すると、JRE POINTが3倍貯まる。

慣れると、数分後の列車を予約することもできるため、該当する列車を使う場合は、一度使ってみて欲しい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 920

© 2013 ポイ探

Scroll to top