You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 松井証券の「MATSUI SECURITIES CARD」を申込 カード利用1%分が自動的に投信購入

松井証券の「MATSUI SECURITIES CARD」を申込 カード利用1%分が自動的に投信購入

松井証券の「MATSUI SECURITIES CARD」を申込 カード利用1%分が自動的に投信購入

MATSUI SECURITIES CARDとは?

松井証券は、2018年10月21日(日)より、ジャックスとの提携クレジットカード「MATSUI SECURITIES CARD」の発行を開始した。

通常の買い物で「MATSUI SECURITIES CARD」を利用すると、月間のカードショッピング利用額100円(税込)につき1ポイントの松井証券ポイントが貯まる。貯まった松井証券ポイントで、投資信託を自動積み立てすることが可能だ。投資先は「ひふみプラス」「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の3つの投資信託が対象となる。選択した投資信託は後からでも変更する事が可能だ。

なお、カード発行時に500ポイントがプレゼントされ、2019年4月20日(土)までに申し込んだ場合は、さらに500ポイント獲得できるため、合計1,000ポイント獲得可能だ。

インヴァストカードとの違いは?

クレジットカードの利用で1%のポイントが貯まり、自動的に投資されるカードとしてはインヴァストカードがある。どちらも証券口座の開設が必要のため、仕組みはほとんど同じだ。

大きな違いは、松井証券ポイントは投資以外にも利用できる点だ。1,000ポイントで1,000円分のAmazonギフト券に交換できたり、カタログ商品と交換できる特典も用意されている。

ただし、ポイント投資の自動積立設定をすればポイントを失効させることなく活用できる。しかし、MATSUI SECURITIES CARDの利用による松井証券ポイントは、原則ポイント付与日から2年間で失効するため、ポイント投資の自動積立設定しない場合は有効期限に注意しなければならない。

MATSUI SECURITIES CARDの申込方法は?

まず、松井証券の口座が必要となる。松井証券口座を保有していない場合は、先に口座開設をしよう。

口座開設後、松井証券にログインする。

ホーム画面の左メニューに「ポイントサービス」が追加されているためクリックする。松井証券ポイントのページに遷移するが、「MATSUI SECURITIES CARD」を申し込む場合は「【提携クレジットカード申込】」をクリックする。

「提携クレジットカード申込」ページが表示されるため「私は、個人データの第三者提供に関する事項を十分理解したうえで、同意します」にチェックを付け、「取引暗証番号」を入力後に「申込する」ボタンをクリックする。

ジャックスの申込ページに遷移する。個人情報の取り扱い、会員規約などに同意して「同意して次へ」ボタンをクリック。

カード券面が2枚あるため、好きな券面を選ぶ。名前は松井証券のサイトから引き継いでいるため自動で入力されている。住所や電話番号、運転免許証などの情報を入力し、「次へ」をクリック。

暗証番号などを入力し「確認画面へ」ボタンをクリック。

確認画面が表示されるため「申し込む」ボタンをクリックすると完了メッセージが表示される。

次回は、松井証券ポイントを積立設定で投資するまでを紹介したい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 888

© 2013 ポイ探

Scroll to top