You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ローソンでコンタクトレス決済「American Express Contactless」を使ってみた

ローソンでコンタクトレス決済「American Express Contactless」を使ってみた

ローソンでコンタクトレス決済「American Express Contactless」を使ってみた

2018年9月11日(火)より、ローソンでd払いやOrigami Payのコード決済が開始した。また、同時にJCB ContactlessやMastercardコンタクトレス、Visaのタッチ決済(Visa payWave)、American Express Contactlessの対応も始まっている。

今回は、アメックスのカードでコンタクトレス決済を利用してみたので紹介したい。

コンタクトレス決済とは?

まず、コンタクトレス決済とは、クレジットカードやデビットカード等にコンタクトレスのマークが付いている場合、カードをかざすだけで支払えるサービスとなる。QUICPayやiDとは異なり、世界標準規格となるため、海外でも利用することが可能だ。

国際ブランドにより名称が異なり、VisaはVisaのタッチ決済(旧payWave)、MastercardはMastercardコンタクトレス(旧PayPass)、JCBはJCB Contactless(旧J/Speedy)、アメックスはAmerican Express Contactless(旧ExpressPay)となる。

国際ブランド 名称 旧名称
Visa Visaのタッチ決済 payWave
Mastercard Mastercardコンタクトレス PayPass
JCB JCB Contactless J/Speedy
American Express American Express Contactless ExpressPay

コンタクトレス決済を使う方法

コンタクトレス決済が対応している店舗は、ローソン、マクドナルド、TSUTAYAなど限られている。

対象店舗で商品を購入するときに「アメックスで」や「クレジットカードで」と伝えてカードを決済端末にかざすと支払うことが可能だ。

コンビニの店員さんはLINE Payや楽天ペイ(アプリ決済)などが対応した初日に使ってみても、きっちりと処理してくれる。

今回は、コンタクトレス決済が開始してから20日程度経ってからローソンで支払ってみたが、「カードの場合は差し込んでください」と言われた。「いや、非接触でできます」と伝えると「QUICPayですか?」と聞かれているうちに決済完了。「あ、大丈夫みたいです。こんなことができるんですね。」と店員さんも驚いていた。

コンタクトレス決済はカードを手渡す必要がないので安心だ。ただし、カードを落とした場合は、非接触で簡単に使われてしまうと言うデメリットもある。

コンタクトレス決済とQUICPayやiDの違い

レシートを確認すると、「AMERICAN EXPRESS」と表記がある。

カード明細を確認すると、ローソンで使ったことがわかる。普通にカード決済したときと同じ状態だ。

一方、Apple Payにアメックスを登録し、Apple PayのQUICPayで支払った場合は「QUICPay」の表記となる。

カード明細を確認すると、ローソンではなくクイックペイプラスの加盟店で使ったという表記だ。

支払う金額は同じだが、カード明細をしっかり確認したいのであれば、コンタクトレス決済の方がおすすめだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 805

© 2013 ポイ探

Scroll to top