You Are Here: Home » 電子マネー » JR東日本、Suicaと地域交通ICカード機能をあわせた「地域連携ICカード」を開発

JR東日本、Suicaと地域交通ICカード機能をあわせた「地域連携ICカード」を開発

JR東日本、Suicaと地域交通ICカード機能をあわせた「地域連携ICカード」を開発

JR東日本、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ、JR東日本メカトロニクスは、Suicaと各地域の交通系ICカードを1枚のカードにまとめられる2 in 1カード「地域連携ICカード」の開発を行うと発表した。2021年春頃の提供開始を目指す。

「地域連携ICカード」は、バスの定期券や各種割引などの地域独自サービスとSuicaエリアなどで利用可能な乗車券や電子マネーなどのSuicaのサービスを1枚のカードで利用できるようにするものだ。

現在、2013年に始まった全国10種類の交通系ICカード相互利用サービスにより、Suica 1枚で公共交通機関を利用できるエリアが拡がっているが、交通系ICカードがまだ導入されていない地域も存在する。

地域交通事業者による交通系ICカード導入を促進するために、IC乗車券とSuicaの基本機能が1枚のカードに共存できる新たな「地域連携ICカード」を開発する。地域交通事業者は1枚のカードで地域交通に必要な独自サービスを提供しながらSuicaの既存インフラを活用できるため、システム投資を抑え、運用に関する負担軽減に繋がる。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 6484

© 2013 ポイ探

Scroll to top