You Are Here: Home » コラム » Mizuho Suicaっておトク? みずほ銀行からチャージしてみた!

Mizuho Suicaっておトク? みずほ銀行からチャージしてみた!

Mizuho Suicaっておトク? みずほ銀行からチャージしてみた!

Mizuho Suicaとは?

2018年8月1日(水)に開始した「MizuhoSuica」。iPhone 7やApple Watch Series 2以降で利用可能だ。

従来のモバイルSuicaは、クレジットカードでのチャージが必要だったが、Mizuho Suicaはみずほ銀行口座から直接チャージができる。

では、みずほ銀行の口座からMizuho Suicaにチャージするとメリットがあるのだろうか? 例えば、ビューカードでモバイルSuicaにチャージすると、1.5%のJRE POINTを獲得できる。しかし、みずほ銀行からMizuho Suicaにチャージしてもポイントを貯めることができない。

「おトクかどうか」、と言うと「おトクではない」。

Mizuho Suicaを設定してみた

みずほ銀行の口座から直接チャージしてもメリットはないが、とりあえずMizuho Suicaを申し込んで見る。

まず、みずほ銀行の通帳かキャッシュカードを準備しておく。

続いて、「みずほWalletアプリ」をダウンロードする。みずほ銀行のアプリは大量にあるため、「みずほWallet」と検索すると良いだろう。

アプリを起動し、「タップしてMizuho Suicaを発行」をタップする。

みずほ銀行の口座保有者名を漢字とカタカナで入力して「次へ」ボタンをタップ。性別と生年月日を入力して「次へ」をタップ。携帯電話番号と郵便番号を入力して「次へ」をタップする。

引落口座の設定が表示されるため、「みずほダイレクトを契約していない方」「みずほダイレクトを利用中の方」でどちらかを選ぶ。みずほダイレクトを契約していない場合は、キャッシュカードの暗証番号で登録が可能だ。

「普通預金口座振替約定を確認しました」にチェックを入れる。これで口座振替が完了した。「収納企業のサイトへ戻る」をタップする。

続いて、Mizuho Suicaにチャージする金額を選択する。とりあえず1,000円と設定。パスコードの設定が必要になるため、6桁のパスコードを設定する。

Mizuho Suicaが利用できるようになったと表示される。この画面はApple Payの画面だろう。

みずほWalletのアプリ画面でもSuicaが認識されていることがわかる。カード下に「・・」となっており、右側にもカードがありそうに見えるが、右側は新しいMizuho Suicaを作成する画面となるため、発行されているMizuho Suicaは1枚のみだ。

Mizuho SuicaはSuicaアプリからはアクセスできない

何かと便利なSuicaアプリだが、Suicaアプリを起動しても「Mizuho Suica」は表示されない。また、みずほWalletアプリを起動しても、モバイルSuicaは表示されない。

両方のSuicaが表示されるのは、Apple PayのWalletアプリのみだ。WalletアプリにはモバイルSuicaとMizuho Suicaの表示がある。

Mizuho Suicaをおトクに使うには?

Mizuho Suicaをみずほ銀行の口座からチャージしてもポイントを貯めることができない。Mizuho Suicaをおトクに使うには、Apple Payでのチャージだろう。

Walletアプリを起動して、Mizuho Suicaをタップし、下にある「i」のボタンをタップする。

続いて、「チャージ」をタップする。

最後に、Suicaにチャージしてポイントの貯まるクレジットカードを選んでTouch IDまたはFace IDで支払う。

これで、クレジットカードからMizuho Suicaにチャージでき、クレジットカードのポイントが獲得できるためおトクというわけだ。

しかし、ここまでするのであれば、普通のモバイルSuicaでも良く、わざわざMizuho Suicaである必要はない。

Mizuho Suicaを申し込む人は、クレジットカードをどうしても使いたくない人となり、それ以外は使うメリットはないだろう。

なお、クレジットカードの審査が通らない場合でも、普通のモバイルSuicaを利用することが可能だ。最近では、審査不要のプリペイドカードもたくさん存在する。例えば、Kyashは審査が不要なプリペイドカードとなり、銀行口座やコンビニでチャージ可能だ。

6,000円以上KyashからモバイルSuicaにチャージすると2%のキャッシュバックも受けられるため、銀行口座から直接SuicaにチャージするMizuho Suicaを使わなければならない事はほとんどなさそうだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 806

© 2013 ポイ探

Scroll to top