クレジットカード特集 コラム ゴールドカード 一般カード

鹿島神宮カードの年会費支払いで「鹿島神宮カード会員ノ証」が届いた!

筆者も保有している鹿島神宮カード。その鹿島神宮カード事務局から封筒が届いた。

封筒を開けると、縦長の箱が入っている。箱を開けると「御継続御礼」とあり、内容を見ると

鹿島神宮カードを一年間継続してお持ちいただきましたので、鹿島神宮神職が名簿によりお祓いを致しました。その証として、特別に謹製致しました木札をお送りいたします。

とある。

鹿島神宮カードは一般カードで0.5%の鹿島神宮ポイントが、ゴールドカードで1%のポイントが貯まり、5,000ポイント貯まると鹿島神宮に自動的に寄付される。還元率で言えば0%だが、5,000ポイント寄付すると、銘々皿が送られてくる。

鹿島神宮カードのポイント寄付で銘々皿が送られてきた!

先日、鹿島神宮カードを50万円利用したため、5,000鹿島神宮ポイントが寄付された。 鹿島神宮ポイントは10月末に寄付され、11月20日頃に到着。返礼品は3週間程度で発送となるようだ。 小さなダンボー ...

続きを見る

また、今回のように年会費を支払った場合にも何らかの品を贈ると書いてあったが、それが今回の「御継続御礼」なのだろう。ちなみに、初年度の年会費を支払っても返礼品はない。理由は、お祓い済みのカードが送られ、それが返礼品の代わりとなる。

送られてきた御札を確認すると、表は「鹿島神宮奉賛者札」、裏は「鹿島神宮カード会員ノ証」となる。

御札の上には穴があるため、紐を通して飾る物なのだろうか。箱に入れておくのも微妙だが、どうすれば良いのか迷うところだ。

また、来年の年会費を払うと、同じ御札なのかもわからない。来年の年会費を支払ったときにはまた紹介したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, 一般カード
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース