クレジットカード ポイントプログラム

楽天、SPUの対象サービスに楽天銀行を追加

楽天は、2018年7月1日(日)より、SPU(スーパーポイントアッププログラム)に楽天銀行を追加した。

楽天カードを楽天銀行からの引落にした場合、楽天市場での商品購入が+1倍分が追加される。

例えば、年会費2,000円(税抜)の楽天ゴールドカードの引落口座を楽天銀行にすると、1%の通常分に加え、楽天カードの+2%、楽天ゴールドカードの+2%、楽天銀行の+1%の合計6%還元となる。

なお、楽天カードの引落口座を楽天銀行にするには、楽天e-NAVIから楽天銀行口座の設定を行う。設定には、楽天銀行のユーザID、ログインパスワード、キャッシュカードの暗証番号が必要だ。なお、楽天カードの引落口座を楽天銀行に設定しても、SPU+1倍の表記反映までは時間がかかる。

楽天銀行は、楽天カードの引落時に残高不足の場合は事前にメールで知らせる機能や、引落が1日4回あるため残高不足に気がついた後に、入金する事により延滞になりにくくなるメリットがある。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, ポイントプログラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース