You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 【UPDATE 1】エポスファミリーゴールドを家族に招待して年会費無料のエポスゴールドカードを申し込んで見た

【UPDATE 1】エポスファミリーゴールドを家族に招待して年会費無料のエポスゴールドカードを申し込んで見た

【UPDATE 1】エポスファミリーゴールドを家族に招待して年会費無料のエポスゴールドカードを申し込んで見た

2018年6月29日(木)より、エポスカードの新たなサービス「エポスファミリーゴールド」が開始した。エポスカードは、家族カードが存在せず、エポスゴールドカードやエポスプラチナカードを持っていたとしても、家族カードとして利用することができなかった。

この家族カードに変わるサービスが「エポスファミリーゴールド」となる。エポスゴールドカードやエポスプラチナカード保有者は、家族を招待することで年会費無料のエポスゴールドカードを申し込むこととができる。

家族カードの場合は、本会員にポイントが付与されるが、エポスファミリーゴールドの場合は、それぞれが本会員となるため、決済した分についてはそれぞれのカードにエポスポイントが付与される特徴がある。また、獲得したポイントは家族同士で送り合うことも可能だ。

早速、家族を招待して、家族に協力して申し込んでもらったので紹介したい。

まず、招待する人(今回は筆者)がファミリーゴールドのページから「ご家族に紹介する」をクリックする。

「エポスファミリーゴールド利用に関するご注意」を読み「上記ご注意を読み、内容に同意しました」にチェックを入れ「ご家族にエポスファミリーゴールドを紹介する」ボタンをクリックする。

エポスNetにログインすると、紹介URLが表示されるため、家族宛にメールやLINE等で送れば良い。

招待された家族は、専用URLから申し込む。招待URLにアクセスし、「上記ご注意を読み、内容に同意しました」をクリックするとカード申込画面が表示される。この際、招待した人の名前が表示されている。

後は、氏名や住所、勤務先などを記入して申し込む。他のカード申込との違いはない。

1つの専用URLでは、1名のみの招待となっており、そのURLで家族が1人申し込んだ場合はそのURLが無効になり申し込むことはできなくなる。

従って、別の家族に招待する場合は、もう一度URLの作成が必要と言うことだ。

エポスファミリーゴールドを招待できるのは2親等以内の家族となる。配偶者や配偶者の兄弟、祖父母や孫なども対象となるため、非常に幅広く招待ができるだろう。もちろん、クレジットカードなので18歳以上と言う条件はある。招待できるのは10名となり、1つのグループで11名が最大だ。

申し込んで2~3日後に、家族と招待者宛に「エポスファミリーゴールド」についての案内メールが届く。招待者のエポスNetにログイン後、左側メニューの「エポスファミリーゴールドの照会・お手続き」をクリックし、「エポスファミリーゴールドご利用状況」をクリックする。

利用状況の確認ページを見ると、ご登録状況に家族が含まれていることを確認できた。

「家族にポイントをシェア」をクリックすると、誰にポイントを送るかを選択することができるようになる。今回は1人しか追加していないが、複数追加していれば複数の中から選ぶことになるだろう。

家族カードがなかったエポスカードだが、エポスファミリーゴールドの登場で、夫婦で空港ラウンジを利用するなどと言う使い方も可能となる。

また、祖父母を招待して、定期的にエポスポイントを送ってもらうなど、様々な使い方ができるようになるだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 909

© 2013 ポイ探

Scroll to top