QRコード・バーコード

ポケットチェンジ、オリジナル電子マネーを発行し、スマホ決済に利用可能なプラットフォーム「ポケットチェンジ PAY」を開始

ポケットチェンジは、2018年夏より、日本円の小銭を一つのチャージ手段とした、小売飲食店・施設・自治体などが独自のオリジナル電子マネーを発行し、店舗などでのスマホ決済に利用可能なプラットフォーム「ポケットチェンジ PAY」の提供を開始すると発表した。

ポケットチェンジは、海外旅行の際に余った外国通貨・紙幣を自国で便利に使える電子マネー「WAON」などに交換できるサービスを展開しており、全国25カ所以上の空港・駅・商業施設などに導入されている。

新たに開始する「ポケットチェンジ PAY」は、日本円の小銭1円単位でチャージ可能で、おつり現金を直接チャージすることもできる。

「ポケットチェンジ PAY」を活用することで、小売・飲食店舗などは独自のオリジナル電子マネーを発行し、スマートフォンアプリにチャージ、店舗での支払に利用することができるようになる。

支払い時には、QRコードのスキャンおよびスマホタッチの2種類に対応。また、利用者間の送金も可能となる予定だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-,

© 2020 ポイ探ニュース