You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)を申込! 2週間程度で到着

MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)を申込! 2週間程度で到着

MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)を申込! 2週間程度で到着

2018年6月中旬頃からMICARD+ PLATINUMのインビテーションが送られている。筆者には6月19日(火)にMICARD+ PLATINUMのインビテーションが届いたので早速申し込んで見ることにした。

インビテーションには、MICARD+ PLATINUM Invitationの冊子、プラチナカード切替申込書が同封されている。プラチナカード切替申込書では、「記入日」「本会員の名前」「本会員の現況(住所、同居人数など)」「税込年収」の4つを記入して郵送するだけとなる。

プラチナカードの場合は家族カードも4枚まで無料となるので「家族カードの申込」を追記しても良いだろう。今回は、家族カード1枚追加することにした。

筆者はMICARD+ GOLDのアメリカン・エキスプレス ブランドを保有していたが、MICARD+ PLATINUMはVisaブランドのみしかない。特に案内はないが、国際ブランドの変更も問題ないようだ。

申し込みしてから1週間程度でWebエムアイカード会員ページが切り替わり、MICARD+ PLATINUMのカード画像が表示されるようになった。また、現在のポイント率も10%以外の場合は10%となる。MICARD+ PLATINUMの場合は、初年度10%、2年目以降は前年100万円(三越伊勢丹グループの利用分)以上で10%、それ以下の場合でも8%となる。

Webエムアイカード会員ページには「お得なサービス」として「MICARD+ PLATINUM エムアイカード プラス プラチナ サービスガイド」へのリンクも追加されるため、カードが届くまでサービスの詳細を確認しておこう。

MICARD+ PLATINUM Invitationの冊子とは違い、具体的なサービスの利用について書かれている。

さらに1週間程度でMICARD+ PLATINUMが送られてきた。カードが2枚(筆者のカードと家族カード)、サービスガイド、プライオリティ・パスの申込案内、空港ラウンジサービスの案内、会員規約、付帯保険の案内、招待日和の案内、エムアイカード プラス プラチナ会員専用クーポンが同封されている。

MICARD+ PLATINUMのサービス詳細は以下のページで詳しく紹介しているので参考にして欲しい。

MICARD+ PLATINUMで使ってみたいサービスがエムアイカード プラチナ コンシェルジュデスクだ。こちらはVPCCではなく、独自のコンシェルジュデスクと言うことなので使い勝手を検証してみたい。

なお、MICARD+ PLATINUMへの切替時は、お客様番号は変更されないが、カード番号が変更となる。固定費の支払いなどに利用している場合は、それぞれの支払先でカード番号変更をする必要があるので注意が必要だ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 934

© 2013 ポイ探

Scroll to top