You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 楽天カードは家族カードでもSPUの対象となる? 楽天市場での年間利用額が多い場合は楽天ゴールドカード+家族カードがおすすめ

楽天カードは家族カードでもSPUの対象となる? 楽天市場での年間利用額が多い場合は楽天ゴールドカード+家族カードがおすすめ

楽天カードは家族カードでもSPUの対象となる? 楽天市場での年間利用額が多い場合は楽天ゴールドカード+家族カードがおすすめ

楽天カードは年会費無料のため家族で別々の楽天カードを契約している場合もあるだろう。しかし、楽天市場で楽天カードを利用した場合と、楽天ゴールドカードを利用した場合、2018年3月以降、2%の差が出るようになっている。

そこで、楽天ゴールドカードへの切り替えを考えた方もいるだろう。問題は楽天ゴールドカードの年会費が2,000円(税抜)と言うことだ。夫婦で楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えた場合、年会費は4,000円(税抜)となる。しかし、楽天ゴールドカードの家族カードを発行した場合は2,000円(税抜)+500円(税抜)の2,500円(税抜)で利用することが可能だ。

ここで疑問が出てくるのだが、家族カードの利用でもSPUは楽天ゴールドカードとして認識するのかどうかだ。

今回、実際に家族カードを発行し、SPUの対象になるかを確認してみたので紹介したい。

楽天カードの家族カードを発行する

まず、家族カードを申し込もう。家族カードは楽天e-NAVIにログインし、「お申込み(カード/サービス)」の「家族カード」をクリックする。

申込家族の名前、性別、誕生日、続柄、暗証番号、メールアドレスを入力して「入力内容の確認へ」ボタンをクリック。

内容を確認し、「同意する」にチェックを入れて「お申し込みを完了する」ボタンをクリックする。これで家族カードが発行される。

楽天カードの家族カードを楽天e-NAVIに登録する

家族カードが届いたら、家族アカウントで楽天e-NAVIに登録しよう。家族カードでも楽天e-NAVIに登録することができ、家族カード分の利用明細を確認することが可能だ。

家族カードの場合は、楽天e-NAVIにログインすると「表示中 家族カード」の表記がある。

楽天市場でのアカウント情報を確認

続いて、楽天市場で家族カードのアカウントでログインする。ログインすると、通常は「あなたはポイント合計○倍以上」と表記があるのだが、家族カードのアカウントは「合計1倍以上」となっている。

「楽天カードご利用」「楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードご利用」がグレーとなっていないため、楽天カードが紐付いていない状態(写真右)だ。

原因がわからないため、会員情報から「クレジットカード情報の確認・変更・追加・削除」で家族カードのカード情報を追加した。

登録しても、特にアカウントに変化はない。

楽天市場で家族カードを使って買い物してみた

数日後に、家族カードを登録している楽天のアカウントを確認したところ、「楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードご利用」の+4倍がグレーとなり、「あなたはポイント合計5倍以上」の表記に切り替わっていた。

そのまま買い物してみると、「獲得予定ポイント」にも反映されているため、家族カードでもSPUの対象となることがわかる。

結論としては、楽天カードの家族カードでもSPUの対象となる。従って、楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替える場合、500円(税抜)をプラスして家族カードを発行するのも良いだろう。

楽天ゴールドカードの切り替え分岐点は?

楽天カードと楽天ゴールドカードを単純に比較すると、年会費2,000円(税抜)を回収するには楽天市場などで年間11万円以上利用するかどうかとなる。

続いて、楽天カードを家族で利用している場合、楽天ゴールドカード+家族カードに切り替えると、2,500円(税抜)の年会費を回収するには楽天市場などで年間14万円以上の利用が必要だ。

年間14万円以上ある場合は、夫婦で楽天カードを保有するより、楽天ゴールドカード+家族カードの方がおトクになる。

従来は、楽天ゴールドカードを国内線空港ラウンジだけに利用しても魅力的なカードだったが、空港ラウンジサービスが改悪になるため、空港ラウンジのためだけにゴールドカードへの切り替えはおすすめしない。

また、楽天ゴールドカードの場合はETCカードの年会費も無料となる。楽天カードで500円(税抜)の年会費を考えてETCカードを申し込んでいなかった場合(条件付き無料)は、楽天ゴールドカードでETCカードを申し込んでおくと良いだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1020

© 2013 ポイ探

Scroll to top