QRコード・バーコード

ローソン、アプリを利用した決済サービス「ローソンスマホペイ」の導入店舗を拡大

ローソンは、2018年9月以降にスマートフォン専用アプリを使用したセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の導入店舗を拡大し、2018年度内に大都市圏を中心に100店舗に導入すると発表した。

ローソンスマホペイは、スマートフォンに事前にローソン公式アプリをダウンロードし、商品のバーコードをアプリで読み取ることで、店内のどこでも決済できるサービスとなる。

ローソンスマホペイで決済してみた ポイント3倍キャンペーンも

ローソンは、2018年4月23日(月)より、東京都内の3店舗限定でスマートフォンによるセルフレジサービスを開始した。 メディア向けにローソン晴海トリトンスクエア店で店舗撮影会を実施していたので行ってみ ...

続きを見る

2018年4月より、ローソン晴海トリトンスクエア店、ローソンゲートシティ大崎店で導入を開始し、2018年7月よりローソンTOC大崎店に導入された。実験店舗での時間帯別スマホペイ売上高は、7時~9時までの朝の時間帯で約3割、11時~12時までの昼の時間帯で約4割となり、利用者層は30~40代の男性が約6割となる。混雑時の入店から退店までの時間は、スマホペイ利用時には約1分となり、レジで決済する場合に比べて約4分の1に短縮されるというデータとなる。

なお、ローソンスマホペイでは、月末に買い物金額を集計し、登録しているポイントカード(dポイントまたはPontaポイント)のポイントが100円(税抜)につき1ポイント貯まるため、dポイントカードやPontaカードの提示は不要だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース