クレジットカード特集 コラム

アメリカン・エキスプレスのカード利用可能額を調べる方法は? 利用可能額を確認してみた

一般的なクレジットカードの場合、利用可能枠が設定されている。例えば、筆者の楽天ブラックカードの利用可能枠は500万円だ。そのうち、現時点で276,929円利用しているため、利用可能額としては4,723,071円となる。4,723,071円を超える金額を利用すると、限度額オーバーで決済できない。

このままだと利用可能額が減る一方となるため、支払日に銀行口座から正常に引き落とされれば、利用可能額が増える仕組みとなる。

しかし、アメリカン・エキスプレス発行のカードとダイナースクラブでは利用可能枠が設定されていない。アメリカン・エキスプレスと言っても、MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードのような提携カードの場合は上記と同じような利用可能枠は設定されているが、アメリカン・エキスプレス発行カードとダイナースクラブカードでは利用可能枠はない。

本当に利用可能枠がないのだろうか? アメリカン・エキスプレスのサイトで以下のように書かれている。

『アメリカン・エキスプレスのカードは、不意のお買物の場合にもご利用いただけるよう、ご利用限度額に一律の制限を設けておりません。ご利用限度額につきましては、個々のカード会員様のご利用状況や、お支払い実績などによって異なります。』

ダイナースクラブカードも同じだ。

『ショッピング一回払いについては一律の制限を設けておりません。
お客様のカードのご利用状況、お支払い履歴に応じて個別に利用可能枠を設定しています。』

ただし、利用可能枠と言う明確な数字では表されてはいないが「目安」は設定されている。しかし、「目安」を超えたからと言って、限度額オーバーで決済できないと言うことにはならない。

例えば、80万円を目安に利用して下さい、との設定だったとしても100万円を超えたからと言って買い物ができなくなるわけではない。しかし、実際にどのくらいの金額が利用できるのかがわからないと、不安はあるだろう。

いつ頃から開始したのか忘れてしまったが、アメリカン・エキスプレスの会員サービスに「カードご利用可能枠の確認」というリンクが表示されるようになっている。

「カードご利用可能額の確認」をクリックすると以下の画面が表示される。「ご利用予定金額」に入力し、「確認する」ボタンをクリックすると、その金額を利用できるか確認することが可能だ。

例えば、500万円で入力してみる。「Good news!」と表示があり、現時点では500万円の利用が可能と言うことがわかる。

次に、1,000万円と入力してみよう。「申し訳ございません」と表示され、現時点では1,000万円の利用ができないことがわかる。

続いて、750万円で入力してみると。「申し訳ございません」と表示されるが、先ほどのメッセージとは違う。1日に確認できる回数制限が設けられており、24時間後に再度利用が可能になるとある。

筆者が何度か利用してみたところ、1日2回までのチェックはOK。3回目以降でこのメッセージが表示されることがほとんどだ。チェックする人によっても違う可能性があるが、回数制限がある事だけは確かだろう。

この「カードご利用可能枠の確認」はクレジットカード毎に異なるため、複数のアメリカン・エキスプレス発行カードを持っている場合は、それぞれでチェックする必要がある。

もし、アメックスもダイナースも高額利用する場合は、事前に電話で確認しておこう。安心して決済するには事前連絡しておくのが一番だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース