You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ラグジュアリーカード(Luxury Card)のソーシャルアワー(Social Hour)に参加してきた

ラグジュアリーカード(Luxury Card)のソーシャルアワー(Social Hour)に参加してきた

ラグジュアリーカード(Luxury Card)のソーシャルアワー(Social Hour)に参加してきた

ラグジュアリーカード(Luxury Card)にはソーシャルアワー(Social Hour)というグルメイベントが毎月開催されている。以前は、チタンカードでも予約すると参加することができたのだが、2018年1月開催よりブラックカード・ゴールドカード限定サービスに変更となっている。

2018年の5月開催は21日(月)となり、通常は第3火曜日か水曜日となっているようだが、5月は月曜開催となった。5月22日(火)はレストランで何かあるのだろう。

会場はフォーシーズンズホテル丸の内にあるレストラン&バーの「MOTIF」。MOTIFはラグジュアリーリムジンの対象レストランにもなっている。

また、以前はアメリカン・エキスプレスのプラチナ・カード以上を保有していると、コンシェルジュデスクで新幹線や特急券を購入すると、MOTIFでコーヒーなどを1杯無料でいただけるサービス「コンフォート・カフェ」もあったがコンフォート・カフェは5月31日(木)の予約成立分で終了だ。

このレストラン&バーでソーシャルアワーが開催されているので参加してみた。

まず、開催案内はラグジュアリーカードのアプリでプッシュ配信されてくる。開催日時を確認しよう。

ブラックカードまたはラグジュアリーカードを持ってフォーシーズンズホテル丸の内に行く。

エレベーターで7階のレストランに到着し、ラグジュアリーカードのソーシャルアワーに参加すると伝えると、1人2,000円(税抜)を最初に支払うことになる。支払後は1人2枚のチケットが渡され、そのチケットとドリンクの引き換えとなる。

2枚あるが、1枚目は1杯目のドリンクにすぐ交換となるため、残りは1枚となる。

1杯目は「ラ・グランド・コート クレマン・ド・ブルゴーニュ キュヴェ・プレスティージュ N.V.」。お酒についてはよくわからないが、ブラックカードとゴールドカード会員ともに同じスパークリング・ワインが提供される。検索すると、1本3,000円(税抜)程度のワインだ。

提供されるお酒は事前にアプリでも紹介されているが、メニュー表に同じ情報が掲載されている。

1杯目が提供される前に、ポップコーンが提供されているのだが、気がつかない可能性があるので注意しよう。

その後、フィンガーフードが提供される。おそらく2人での参加のため2セットの用意だろう。フィンガーフードはどれも美味しい。

2杯目はブラックカードとゴールドカードで異なり、ブラックカード会員は「ベルナール・ブレモン ブリュットN.V.」、ゴールドカード会員は「シャンパーニュ・ジャクソン キュヴェNO.735 デゴルジュマン・タルディフN.V.」だ。

価格を調べてみると、「ベルナール・ブレモン ブリュットN.V.」は1本5,500円程度となり、「シャンパーニュ・ジャクソン キュヴェNO.735 デゴルジュマン・タルディフN.V.」は1本2万円程度となっている。

上記写真で黄色いチケットはゴールドカード会員向け、黒いチケットがブラックカード会員向けと、色によって提供されるワインが変わる仕組みのようだ。

下の写真の右側が「シャンパーニュ・ジャクソン キュヴェNO.735 デゴルジュマン・タルディフN.V.」となる。

会場にはMOTIFのスタッフだけでなくラグジュアリーカードの担当者もいる。担当者に聞いてみたところ、1人で参加する方も多いとのこと。また、名刺交換しているグループもあるようで、毎回数十人程度の参加がある。時間帯によっては待たなければ入れない場合もあるようで、チタンカード会員を対象から外したのはこのような理由からなのだろう。

筆者が案内された会場は「THE LIBRARY」という4組(8人)程度が入れる個室となり、どうも居心地が悪い。

おしゃれな空間だが、基本的にはカップルでの参加だ。席も近く、「2人で楽しんでいる」オーラがあり、2杯飲んですぐに帰ることに。

会場は2つあり、1人での参加の場合は、大きな窓があり、東京駅の夜景を楽しめるような部屋の方に案内されるのではないだろうか。こちらの方が開放感もあるため、他の人と話しやすいかもしれない。

次回行くことがあれば、1人で参加してみたい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 934

© 2013 ポイ探

Scroll to top