You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » アメックスのプラチナ・カードで人気の宿「強羅花壇」を予約してみた

アメックスのプラチナ・カードで人気の宿「強羅花壇」を予約してみた

アメックスのプラチナ・カードで人気の宿「強羅花壇」を予約してみた

アメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードには「Platinum Card Benefit Book」がある。このBenefit Bookはプラチナ・カードで利用できる特典が掲載されているが、全部の特典が掲載されているわけではない。

確認できる特典は、FINE HOTELS & RESORTS、Luxury Hotels、Japanese Style Hotels、Resort Hotels、Spa、Dining、Shoppingのカテゴリから利用できるホテルや旅館、レストランなどの一覧を確認できる。

冊子が郵送されてきたときもあるが、最近はオンラインのみでの確認となる。

今回、Japanese Style Hotelsに掲載のあった「強羅花壇」を予約してみたので紹介したい。

強羅花壇は人気の宿泊施設で、一流ホテルや旅館のみの宿泊予約サイト「Relux」でも5つのグレードのうち最上位の「THE MUSEUM」となっている旅館だ。

Reluxの「THE MUSEUM」の説明としては「芸術といえるほどの極上の宿泊体験を提供する、世界屈指の宿泊施設」とあり、なかなか予約が取れない。

試しに強羅花壇のオフィシャルサイトで検索してみた。2018年5月17日(木)に『露店石風呂付貴賓室「藤・梅」』で6月のカレンダーをみると、6月1日、3日、4日、6日、7日、12日が残り1室の空きとなる。キャンセル料金がかからない時期にキャンセルしていると言うことだろうか。

7月になると、16日と17日のみ1室の空きがあるが、8月以降はすべて満室だ。8月以降の予定が入っていないだけの可能性もあると思ったが、他の部屋については空室を確認できたため、実際に予約で埋まっていると言う事だろう。8月から12月まではすべて×となっていた。

この、強羅花壇についてはプラチナ・カードの特典として掲載されている旅館となる。

プラチナ・カードとしての特典は、露天風呂月貴賓室「藤」または「梅」のいずれかを1日1室用意、8日前までに予約が必要だ。また、ウェルカム・シャンパンとチェックアウト時間が通常11時だが12時まで利用できる。さらに、チェックアウト後に、手荷物無料宅配サービスの利用が可能だ。お土産などを無料で郵送してくれるサービスが利用可能だ。

「藤・梅」のいずれかを1日1室”用意”とあり、プラチナ・カードまたはセンチュリオンカードで1室の枠が抑えていることだろう。

コンシェルジュデスクに電話で確認し、土曜日で予約できる日があるかを聞いたところ、希望日はNG、その前後の土曜日はどちらも予約可能と伝えられた。希望日から1週間前の土曜日に決定し、予約する人数や年齢などを伝えて予約が完了。予約後は、予約内容が郵送されてくる。

Benefit Bookをみると「対象のお部屋の料金を優待」などもあるが、北海道 望楼NOGUCHI登別は『エグゼクティブスイートを1日1室ご用意』、箱根吟遊も『露天風呂および内風呂付客室「月タイプ」を1日1室ご用意』とあるように、カード会員向けに1室用意されている。

プラチナ・カードの年会費が高額な理由は、このような提携が多いと言う事もあるだろう。

次回は、宿泊について紹介したい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 920

© 2013 ポイ探

Scroll to top