You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 日本クレジットビューローの歴史 日本クレジットビューローってどんな会社?

日本クレジットビューローの歴史 日本クレジットビューローってどんな会社?

日本クレジットビューローの歴史 日本クレジットビューローってどんな会社?

日本クレジットビューロー ─ 聞き慣れない会社名ではないだろうか。英語だとJapan Credit Bureauとなる。頭文字を取ると「JCB」だ。

1961年1月に日本クレジットビューロー(JCB)が設立される。

最初に発行されたカードは1961年3月。紙のカードをラミネート加工し、カード番号は8桁となっていた。有効期限に和暦が使われているのも日本らしいといえるだろう。

1969年9月にはJCBのロゴが変更となり、有効期限の書体やカードの厚みなどが国際標準化機構の規格に統一した。また、カード番号が11桁に増えている。ただし、和暦はそのまま、名前はカタカナ表記となっていた。

1978年6月に日本クレジットビューローからジェーシービーへと社名が変更。

1981年3月に業界初のポイントプログラム「JOY JOYプレゼント」を開始した。2001年12月に「JCB STAR MEMBERS」を開始し、2002年4月に「Oki Dokiポイントプログラム」にリニューアル。2007年6月にインターネットショッピングサイト「Oki Dokiランド」を開始し、2015年12月にOki Dokiポイントのリニューアルが行われた。

ポイントプログラムの流れを一気に紹介したが、話を年表に戻そう。1981年6月に有効期限の和暦を西暦に変更。表面に表記していた「VALID ONLY IN JAPAN」を廃止し、11月からは名前の表記がアルファベットに変更されるなど、国際化が進んだ。

1982年6月、「JCB GOLD」をはじめて発行し、1984年10月に国際標準規格に対応して、カード番号を11桁から16桁に変更。1985年7月に、ゴールドカード会員向けの情報誌「THE GOLD」を発行。「THE GOLD」は、2016年11月号から発行されている「THE PREMIUM」への名称変更まで続いた。

1988年3月に東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサー契約を締結。4月に東京ディズニーランドでJCBカード取り扱いを開始した。1990年12月に初の「JCBマジカルファンタジーパーティー」を開催。

1990年6月にはJCBザ・クラスが発行された。

2007年4月には、JCBエンブレムやコーポレートロゴ、社名ロゴを変更。2009年8月に「JCB ORIGINALシリーズ」を発行開始し、カード券面はロゴなどは現行の物と同じとなる。

2010年にはJCBゴールド ザ・プレミアを発行。

2017年10月にJCBプラチナを発行した。

1990年以降、様々なクレジットカードが発行されているが、ここではオリジナルシリーズをベースに紹介した。

JCBザ・クラス(1990年)が意外と早くから発行されており、JCBゴールドとJCBザ・クラスの間を埋めるカード、JCBゴールド ザ・プレミア(2010年)、JCBプラチナ(2017年)が後から発行されているのが面白いかもしれない。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 917

© 2013 ポイ探

Scroll to top