You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » TOHOシネマズで無料映画鑑賞! ラグジュアリーカードなら毎月1~3回無料で映画鑑賞が可能

TOHOシネマズで無料映画鑑賞! ラグジュアリーカードなら毎月1~3回無料で映画鑑賞が可能

TOHOシネマズで無料映画鑑賞! ラグジュアリーカードなら毎月1~3回無料で映画鑑賞が可能

2017年11月から追加となったラグジュアリーカードの特典「TOHOシネマズ」で毎月1~3回、無料で映画を楽しむことが可能だ。

ラグジュアリーカードのチタンカードの場合は月1回無料、ブラックカードの場合は月2回無料、ゴールドカードの場合は月3回無料で映画を楽しむことができる。

もし、毎月特典を使って無料映画鑑賞した場合、チタンカードの場合は年間で21,600円(1,800×12)、ブラックカードで43,200円、ゴールドカードで64,800円分の特典となる。シネマイレージ会員の場合は、6回で1回無料の特典もあるため、さらに優待金額はアップする。

カード種別 1ヶ月の無料鑑賞回数
(年間)
年間での優待金額
(シネマイレージ会員の無料特典)
年会費
ゴールドカード 3回(36回) 64,800円(+10,800円) 20万円(税抜)
ブラックカード 2回(24回) 43,200円(+7,200円) 10万円(税抜)
チタンカード 1回(12回) 21,600円(+3,600円) 5万円(税抜)

年会費5万円(税抜)のクレジットカードで2万円程度の実質特典が付いているカードと考えるとおトク度は高いだろう。

では、実際に「TOHOシネマズ」の無料チケットを使ってみたので紹介したい。

映画のチケット手配はコンシェルジュデスクで

まず、TOHOシネマズでの予約方法についてコンシェルジュデスクに問い合わせた。何日前から予約ができるのか聞いてみたところ、TOHOシネマズのwebサイトと同じとなるとのこと。

TOHOシネマズのwebサイトを見ると、2日前から予約ができる。従って、ラグジュアリーカードの無料鑑賞の場合でも2日前に依頼しなければならない。

予約確認の電話をしたのが2018年3月末だが、その際に気になることを言われた。

『3月中の無料手配は終了しています』

詳しく聞くと、ラグジュアリーカード全体での無料で手配できる座席数(チケット数)が決まっているようで、3月はすべて使い切ったとのことだった。従って、月末に無料で映画鑑賞というのは難しいと言うことがわかった。

実際にラグジュアリーカードのコンシェルジュデスクでチケット手配を行う

希望日の2日前になったためコンシェルジュデスクに電話した。今回は、大人1名、子供3名で「映画ドラえもん のび太の宝島」の手配を依頼。

もし、ブラックカード以上を保有し、1ヶ月に2回・3回も映画を見ないと言う場合はちょっとしたテクニックを使える。

まず、コンシェルジュデスクで1席予約してもらおう。一度電話を切ってから、再度コンシェルジュデスクに電話。隣の席を指定して予約してもらう。これで2席を無料で予約することが可能だ。

なぜ、電話を一度切らなければならないのか。これは、オペレーションの問題で、1回に手配できるのは1席となるためだ。もちろん、1回の電話で複数予約することもできるが、この場合は同伴者席は有料となってしまう。

今回は4人分のうち、3人分を無料鑑賞で予約、1名分を有料で予約した。つまり、子供料金の1,000円だけで4人の席を予約したことになる。

1,000円のチケットはラグジュアリーカードでの支払いとなり、カード番号、有効期限、セキュリティコードを伝えると支払うことができる。

チケットの予約確認メールが届く

予約が完了すると予約完了のメールが送られてくる。ラグジュアリーカードからではなく、TOHOシネマズからのメールだ。

このメールに購入番号、電話番号、映画館、上映日、上映時間、合計金額、座席番号、映画名称が記載されている。メールを印刷していくか、外出先でも確認できるメールアドレスを指定すると良いだろう。

無料で映画鑑賞

TOHOシネマズでは「vit」端末で発券する。

「チケット発券」をタップし、メールで送られてきた4桁の購入番号と電話番号を入力する。

シネマイレージ会員の場合は、「鑑賞ポイント・マイル登録」画面から登録する。

内容を確認して「発券する」をタップすると下からレシートのようなチケットが出てくる。

入場時にチケットを提示することで映画を楽しむことができる。

無料チケットの種類とは?

映画を見終わってからチケットを確認することに。チケットには「Tパスポート」の表記があり、調べてみると「TCチケット」での利用と言うことがわかる。

「TCチケット」というのは企業向けのチケットのようで、ベネフィット・ステーション(J’sコンシェル)などで購入した場合も「TCチケット」となる。

ラグジュアリーカードのTOHOシネマズ特典は、人気の特典のため月末に映画を楽しむことは難しい。

それでも映画好きであればラグジュアリーカードを検討する価値はあるだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 909

© 2013 ポイ探

Scroll to top