You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » NFC決済の名称が変更!? J/Speedy⇒JCB Contactless(コンタクトレス)

NFC決済の名称が変更!? J/Speedy⇒JCB Contactless(コンタクトレス)

NFC決済の名称が変更!? J/Speedy⇒JCB Contactless(コンタクトレス)

2018年3月13日(火)よりマクドナルドの加盟店でNFC決済が可能となった。ニュースリリースで気になった点は、サービス名が表示されていなかった点だ。例えば、3月1日(木)に発表された三井住友カードの「SMBCデビット」発行についてのニュースリリースでは『「iD」および「Visa payWave」の2類の非接触IC決済サービスを…』とある。

しかし、今回のニュースリリースでは、Visa payWaveやMastercardコンタクトレス、J/Speedy、ExpressPayなどの名称が入っていなかった。

記事にする際には、それぞれの名称も記載した方がわかりやすいため、記述することにした。

念のため、サービス名を確認したがJCBのサイトで「J/Speedy」が消えている。なんと「JCB Contactless」に変わっていたのだ。また、Visa payWaveのページでは「Visaのタッチ決済」に、アメリカン・エキスプレスのExpressPayは「American Express Contactless」と言う具合だ。

「コンタクトレス(Contactless)」が基本となり、マクドナルドのニュースリリースを見ても、「CONTACTLESS」にVisaやMastercard、JCB、American Expressが囲まれていることがわかる。

気になったため、JCBにJ/SpeedyからJCB Contactlessに名称を変更した理由を聞いてみた。

- なぜサービス名称を変えたのか?

『非接触を磁気、接触に並ぶブランドの決済インターフェースの1つとして推進するにあたり、 別プロダクトと誤認されることを避けるためです。』

-業界全体で「コンタクトレス」になっているが?

『特に業界全体で決めたわけではありません。』

わかったようなわからないような感じだが…。

ではマクドナルドでNFCによる非接触決済する場合はどうすれば良いのだろうか。NFCの場合は、「JCBで」や「Visaで」または「JCB Contactlessで」や「Mastercardコンタクトレスで」と伝え、決済端末にカードをタッチすれば支払うことができる。

現時点で、NFC(JCB ContactlessやMastercardコンタクトレスなど)に対応したクレジットカードは少なく、基本的にはiPhone 7以降またはApple Watch Series 2以降のApple Payでの支払いが多くなるだろう。ただ、せっかくApple Payを利用したときに「QUICPayで」や「iDで」と慣れてきたタイミングで、NFCによる決済サービスが開始したというのは利用者や店員さんがさらに混乱するのではないだろうか。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 970

© 2013 ポイ探

Scroll to top