電子マネー

楽天Edy、NFC対応のおサイフケータイが楽天Edy決済端末として利用可能に

楽天Edyと、トッパン・フォームズのグループ会社で決済プラットフォーム事業を展開するTFペイメントサービスは、「おサイフケータイ」を搭載したNFC対応のスマートフォンで電子マネー「楽天Edy」を利用できるプラットフォームを開発したと発表した。これにより、国内で初めて外部デバイスを利用せずにスマートフォンだけで電子マネー決済端末として利用できるようになる。

本サービスは、「おサイフケータイ」を搭載したスマートフォンの読み取り機能を利用した決済アプリケーションとクラウド型プラットフォーム 「Thincacloud/シンカクラウド」を連携させて実現した。事業者は、楽天Edyの加盟店契約を締結し、スマートフォンにアプリケーションをダウンロードするだけで電子マネー決済端末を入手できる。

第一弾は、楽天野球団が運営する「東北楽天ゴールデンイーグルス」の2014年4月18日(金)に開催される試合からサービスを開始する。「楽天Koboスタジアム宮城」のスタンドの一部にてビールを購入する際に、電子マネー決済端末のスマートフォンで楽天Edy決済ができるようになる。2014年夏頃までには「楽天Koboスタジアム宮城」の全エリアへの利用拡大を目指す。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース