クレジットカード特集 コラム ゴールドカード

プレステージ・ゴールドの無料お食事ご招待券で鉄板焼「青山牛彩」を予約

今回紹介するのは「プレステージ・ゴールド」での無料お食事券だ。プレステージゴールドは、クレジットカードの特典ではないが、タカシマヤカード《ゴールド》保有者限定で会費の特典がある。

通常、プレステージ・ゴールドの登録料は30万円(税抜)、年会費が18万円(税抜)の有料会員サービスとなるが、タカシマヤカード《ゴールド》保有者限定で登録料が無料、年会費が10%OFFとなっていた。

タカシマヤカード《ゴールド》で入会金が無料、年会費が10%OFFになるプレステージ・ゴールドに入会してみた

目次1 プレステージ・ゴールドの内容物は?2 追加特典1:東京カレンダーのプレミアム会員3 追加特典2:オンラインサイト4 その他追加特典 ベネフィット・ワンが提供するプレステージ・ゴールドは、タカシ ...

続きを見る

年会費が18万円(税抜)の10%OFFとなるため162,000円(税抜)となるが、様々な特典を利用できる。

例えば、無料宿泊特典を利用すると、年1回旅館やホテルなどに無料で宿泊することが可能だ。

プレステージ・ゴールドの無料宿泊特典で予約してみた プレステージ・ゴールドはおトクなの?

目次1 宿泊施設は「四万温泉 鹿覗キセキノ湯 つるや」に決定2 無料宿泊特典の実際のおトク額は?3 プレステージ・ゴールドはおトクなの? 先日入会したプレステージ・ゴールド。タカシマヤカード《ゴールド ...

続きを見る

また、交流会のチケットでは年2回まで2人で2万円相当の交流会に参加するチケットを2枚もらうことができる。

ベネフィット・ワンの「プレステージ・ゴールド」会員向けの「交流会」に参加してみた

目次1 プレステージ・ゴールドの交流会とは?2 プレステージ・ゴールドの交流会を予約してみた3 交流会に参加してみた タカシマヤカード《ゴールド》で入会金無料、年会費が10%割引となるベネフィット・ワ ...

続きを見る

交流会に参加することができなければ、高島屋商品券に交換することも可能だ。

プレステージ・ゴールドの交流会参加券を高島屋商品券に交換してみた

先日、プレステージ・ゴールドの交流会に参加した記事をアップしたが、プレステージ・ゴールドの特典の中で筆者が一番使いにくいと感じていたのが交流会参加券だった。 交流会参加券は、入会時と更新時に2枚送られ ...

続きを見る

おそらく、この2つの特典だけで10万円程度の特典となるだろう。

今回は、最後の大きな特典である「無料お食事ご招待券」を使うことにした。

「無料お食事ご招待券」とは?

プレステージ・ゴールドの会員には1年に1回「無料お食事ご招待券」や「無料宿泊ご招待券」などが送られてくる。

「無料お食事ご招待券」では、レストランやコースメニューなどは選べないが、日本料理、鉄板焼き、フランス料理、イタリア料理など様々なレストランから選ぶことができ、無料で食事を楽しめる特典となる。

「無料お食事ご招待券」の対象店舗は?

対象レストランはイタリア料理のアンティカ・オステリア・デル・ポンテ(東京/丸の内)、フランス料理のGINZA kansei(東京/銀座)、会席料理の花蝶(東京/銀座)などだ。

2018年2月26日(月)時点で確認したところ、東京都の店舗が14店舗、神奈川県が1店舗、大阪府が5店舗、福岡県が10店舗の計30店舗となる。

北海道・東北地方、四国などに住んでいる方の場合は旅行中に「無料お食事ご招待券」を使うなど、計画的に使う必要がありそうだ。

「無料お食事ご招待券」のジャンルとしてはフランス料理が多く、続いて鉄板焼き、日本料理となっている。

「無料お食事ご招待券」の対象人数は?

基本的に2名での利用が無料となるが、一部店舗では最大4名まで無料となる場合もある。

もちろん2名以上の場合でも追加料金を支払うと予約することができる。ただし、基本的に高級レストランとなっているため、子供、特に未就学児がいる場合は事前に確認が必要だ。

今回は、子供も可のレストランを探してもらうため、専用デスクに確認したところ、6店舗が該当。基本的には個室や半個室があるレストラン限定となり、個室料金は別途必要となる。

日程や個室ありの店舗である「青山牛彩」を予約した。特に予約内容についての案内や確認メールなどはない。

次回は、青山牛彩での食事についてと、プレステージ・ゴールドを解約した理由について紹介したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード
-, , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース