You Are Here: Home » ポイントプログラム » 広島県福山市、自治体ポイント「ばらのまち福山ポイント」の実証実験を開始

広島県福山市、自治体ポイント「ばらのまち福山ポイント」の実証実験を開始

広島県福山市、自治体ポイント「ばらのまち福山ポイント」の実証実験を開始

広島県福山市は、2018年2月1日(木)から3月31日(土)までの間、マイナンバーカードのICチップを利用した自治体ポイント「ばらのまち福山ポイント」の実証実験を行うと発表した。

クレジットカードやマイルなどを「ばらのまち福山ポイント」に交換でき、500ポイントで神辺わかば会の協力店舗約120店舗で利用できるわかば会共通商品券500円分に交換できる。なお、1,000ポイントの場合は1,000円分に交換可能だ。

2ポイントでは、わかばスタンプ1枚に交換でき、スタンプを貯めるとコンサートチケットや旅行券などに交換できる。

クレジットカードやマイルを「ばらのまち福山ポイント」に交換するにはマイナンバーカードが必要だ。また、マイキープラットフォームでマイキーIDを設定し、各クレジットカード会社のポイントや各航空会社のマイルを「ばらのまち福山ポイント」に交換して利用する。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 7314

© 2013 ポイ探

Scroll to top