ポイントプログラム

【訂正】ドコモ、dポイントなどの付与で食品ロスを削減する実証実験を開始

2018年1月18日

ドコモは、2018年1月19日(金)から2月28日(水)までの間、東京都中央区の「miniピアゴ入船1丁目店」で、スマートフォンアプリを活用し賞味期限・消費期限が近くなった食品を購入した消費者にポイントを付与することで食品ロスを減らす仕組みの「EcoBuy」の有効性について実証実験を行うと発表した。

実証実験では、消費者が賞味期限・消費期限の近くなった食品を積極的に購入すると、店舗から定価の約20%相当のdポイントまたは楽天Edyを獲得できる。

消費者はEcoBuyアプリや店頭POP等で対象商品を確認し、購入後に専用アプリでレシート、食品の賞味期限・消費期限を撮影してシステムにアップロードする。EcoBuy対象商品かをセンターで確認ができた場合に、定価の20%のdポイントや楽天Edyを付与する仕組みとなる。

日本では年間621万トンの食品が食べられることなく捨てられており、ポイント付与とアプリ活用で食品ロスを削減できるかの有効性を確認する。

2018年1月26日訂正

「楽天Edyのポイント」とありましたが、「楽天Edy」の付与となります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース