デビットカード

じぶん銀行、コンビニ等振込票のバーコードをアプリで読み取ると決済できるサービス「PayB」の取り扱いを開始

じぶん銀行は、2017年12月11日(月)より、ビリングシステムが提供するスマートフォン決済サービス「PayB」の支払いにじぶん銀行の利用が可能となった発表した。

PayBアプリをダウンロード後、会員登録および口座振替設定を行うことで、コンビニ等振込票のバーコードを読み取ると、PayBに登録したじぶん銀行の口座から支払うことができるサービスとなる。

PayBの取扱銀行は、十六銀行、百五銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行となり、ネット専業銀行としてはじぶん銀行が初めてとなる。今後、鹿児島銀行、北九州銀行、近畿大阪銀行、埼玉りそな銀行、滋賀銀行、ジャパンネット銀行、南都銀行、肥後銀行、宮崎銀行、もみじ銀行、山口銀行、りそな銀行がPayBの導入を予定している。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-デビットカード
-,

© 2021 ポイ探ニュース