クレジットカード ポイントプログラム マイレージ

川崎市、商店街でマイナンバーカードのポイントを利用した買い物の実証実験を実施

川崎市は、2017年11月20日(月)から2018年3月31日(土)までの間、クレジットカードのポイントやマイレージを商店街の買い物で利用できる実証実験を実施する。

対象の商店街は、モトスミ・ブレーメン通り商店街のICブレカ加盟店69店舗となり、オリコポイント、永久不滅ポイント、ワールドプレゼントなどのクレジットカードのポイントやANA、JALのマイレージ、カテエネポイント、dポイント、はぴeポイントなどのポイントを交換して利用することが可能だ。

各ポイントやマイルを自治体ポイントに交換し、留保ポイントとする。留保ポイントを川崎市実証実験ポイントに移行し、モトスミ・ブレーメン通り商店街のコミュニティセンターにマイナンバーカードを持っていくと、自治体ポイントをブレカポイントに交換することが可能となる。1/11が手数料として引かれるため、1,100自治体ポイントが1,000ブレカポイントに交換される。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, ポイントプログラム, マイレージ
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース