デビットカード

大日本印刷、スマートフォンをかざしてATMで入出金できるASPサービスの提供を開始

大日本印刷は、2018年からスマートフォンをかざしてATMから入出金できるASPサービスの提供を開始すると発表した。

キャッシュカードの代わりに、NFC対応のスマートフォンをATMにかざして、現金の入出金が行える「DNPスマートデバイス向けATM取引認証サービス」を提供する。

利用者は、スマートフォンで銀行のシステムにログインし、モバイルキャッシュカードを発行する。出金金額をスマホ画面で入力し、ATMにスマートフォンをかざすと、通常の暗証番号が聞かれるメニューが表示される。4桁の暗証番号をATMで入力すると出金することが可能だ。

「DNPスマートデバイス向けATM取引認証サービス」は、既存のICキャッシュカードでのATM取引の仕組みに準拠した仕様となっているため、銀行は最小限のシステム改修だけで導入できる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-デビットカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース