You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 公式ページで電子マネーチャージでもポイントが貯まると記載のあるクレジットカード 公式記載なので改悪されにくい【中編】

公式ページで電子マネーチャージでもポイントが貯まると記載のあるクレジットカード 公式記載なので改悪されにくい【中編】

公式ページで電子マネーチャージでもポイントが貯まると記載のあるクレジットカード 公式記載なので改悪されにくい【中編】

前回は楽天Edyは楽天カード、Suicaはビューカード、nanacoはセブンカード・プラスと、ある程度わかりやすい電子マネーとクレジットカードの組み合わせを紹介した。

今回は、クレジットカードの紹介ページに大々的に電子マネーチャージでポイントが付くと書かれているクレジットカードを紹介したい。

エポスカード(楽天Edy、モバイルSuica)

エポスカードが公式にチャージでポイントが付くと表記があるのが楽天EdyとモバイルSuicaとなる。

公式サイトに、わざわざ「電子マネー・プリペイドカード」というコーナーを設け、エポスカードで電子マネーやプリペイドカードにチャージしても、エポスポイントが加算されると表記されている。

[電子マネー・プリペイドカード]

タカシマヤカード(楽天Edy、モバイルSuica、nanaco、SMART ICOCA)

百貨店のタカシマヤカードでも公式サイトに電子マネーについての表記がある。「メリット1 チャージでポイントが貯まる!」とあり、タカシマヤカードでは200円(税込)につき1ポイント、タカシマヤカード《ゴールド》では100円(税込)につき1ポイント貯められる。

チャージでポイントが付く電子マネーはモバイルSuica、楽天Edy、nanaco、SMART ICOCAだ。意外と多くの電子マネーに対応しているのも◎。

[電子マネーのメリット]

ANAカード(楽天Edy)

ANAカードの場合、楽天Edyチャージでマイルが貯まるカードがある。対象カードでEdyチャージすると200円につき1マイル獲得可能だ。ただし、クレジットカード会社のポイントは付与されない。

対象カードは限られており、ANA JCBワイドゴールドカード、ANAダイナースカード、ANAカード プレミアム(ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを除く)のみ。もちろん、スーパーフライヤーズカードも対象となる。

楽天Edyチャージでポイントが付くカードも減ってきているため、マイルを貯めるのであれば素直に対象のANAカードで貯めるのも良いだろう。

[Edyチャージで貯める]

Reader’s Card(リーダーズカード)(nanaco)

漢方スタイルクラブカードなどがReader’s Card(リーダーズカード)に切り替わり、還元率も改悪。

しかし、新Reader’s Cardは漢方スタイルクラブカードのnanacoチャージでポイント獲得できる特典を引き継いでいる。

通常、Reader’s Card(リーダーズカード)を利用すると1,000円につき11 Reader’s Cardポイント獲得できる。しかし、nanacoチャージの場合は1,000円につき3ポイントと大幅にダウン。それでも、nanacoチャージでポイント付与を終了するカードも多い中、少しでもポイントが付くカードのメリットはある。

[ネットショッピング以外のご利用でも高還元率1.25%]

次回は、サイト上では大々的には書かれていないが、FAQにポイントについて書かれているカードを紹介する。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 909

© 2013 ポイ探

Scroll to top