クレジットカード特集 コラム 共通ポイント

マイレージやポイントを自治体ポイントに交換しよう! 地域経済応援ポイントって何? - 交換編

2017年9月27日

前回、マイキープラットフォームにログインするためのマイキーIDを作成したため、マイキープラットフォームにログインできるようになった。

自治体ポイントの「マイキープラットフォーム」に登録してみた - 登録編

2017年9月25日(月)に突然始まった総務省の自治体ポイント。正直、記事を読んでも、サイトを見ても良くわからないので、実際にやってみることにした。 まず、元々自治体ポイントが始まることは知っていたた ...

続きを見る

早速マイキープラットフォームにログインしてみよう。

マイキープラットフォームへのログインは、マイキーIDとパスワードを使う場合、ブラウザはChromeでも問題なかった。しかし、Firefoxの場合はセキュリティエラーが出るため注意しよう。パソリを使ってマイナンバーカードでログインする場合はIE 11である必要がある。

ログイン直後は「留保ポイント残高:0ポイント」となっている。

ポイントを移行するには2つのタイプがある。1つは、ID連携だ。もう一つはポイント交換後に発行されるクーポンコードを登録することで交換するパターン。

JALのマイル、セゾンカードの永久不滅ポイント、ドコモのdポイント、中部電力のカテエネポイントは、事前にID連携が必要となり、それ以外はクーポンコードで自治体ポイントに交換する事になる。

ID連携するにはマイキープラットフォームのメニュー「移行用のサービスID設定」から実行することが可能だ。

それぞれのロゴをクリックする。例えば、docomoのロゴをクリックする。dアカウントのログイン画面が表示されるため、ログインする。「サービス連携の同意」画面が表示されるため、「同意する」をクリック。これで連携が完了だ。完了した場合は、ロゴの下に(設定済み)と表示されていることがわかるだろう。

同様にセゾンカードをクリックすると、ネットアンサーのログイン画面が表示され、規約同意のメッセージが表示される。セゾンカードだけは、何故かID連携しても(設定済み)の表記はない。

マイキープラットフォームの左側メニューの「地域経済応援ポイント協力会社一覧」と「移行用のサービスID設定」という画面はほぼ同じとなる。

これらの画面の違いは、ID連携するのが「移行用のサービスID設定」で、実際にポイント交換する場合は「地域経済応援ポイント協力会社一覧」となる。

ID連携不要な企業の場合は、どちらの画面からアクセスしても同じページに飛ぶが、ID連携必要な企業の場合だけ、リンク先が違うことになっているようだ。

また、突如出てきたのが「地域経済応援ポイント」となるが、「地域経済応援ポイント」とはなんだろうか。これは、自治体で発行されたポイントではなく、あくまでも他から交換したポイントとなり、ポイント発行企業が「地方の活性化のために協力します」ということで、このような名称になっているらしい。

つまり、マイルやクレジットカードなどのポイントを交換する先は、自治体ポイントではなく、「地域経済応援ポイント」というのが正解だ。交換した「地域経済応援ポイント」は、「留保ポイント」となる。この留保ポイントを、個別自治体ポイントに交換する仕組みとなる。

留保ポイントをそのままにしておくと、「マイキーID」を登録した時に選んだ自治体が自動的に設定され、その自治体のポイントに交換されるようだ。筆者が登録した時は、選択する自治体があまりにも少ないため一番上に表示されていた自治体で設定した。

ID連携も終わり、ポイント交換しようと思ったが、dポイントは5,000ポイント以上など、日頃からポイントを使っている筆者にとってはハードルが高い。

JALの2,000マイルを自治体ポイント1,000ポイントのコースであれば交換できそうなので、マイキープラットフォームメニューの「地域経済応援ポイント協力会社一覧」から「JAL」を選択する。

「2,000マイルを1,000ポイントに交換」の「特典を申し込む」をクリックしてみる。JALマイレージバンクのログイン画面が表示されるため、「お得意様番号」と「パスワード」でログインする。

エラー画面が表示された。

JALに問い合わせてみたところ、登録完了までには最大1週間かかるとのことだ。登録完了しなければ、マイルから自治体ポイントへの交換はできない。

これ以降は進めることができないため、次回は、マイルを地域経済応援ポイントに交換し、自治体ポイントに交換。その自治体ポイントを使うところまで紹介したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 共通ポイント
-, , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース